20日の韓国KBOリーグは全5試合が17時開始で行われました。

ハンファイーグルス-SSGランダーズ(ハンファ)では珍光景が。ハンファの若手野手、2000年生まれの3選手(チョン・ウンウォン、ノ・シファン、チョ・ハンミン)が、太陽光の眩しさを軽減するために目の下につける「アイブラック」に工夫を凝らしました。

チョン・ウンウォン選手は「ハハ」といった笑い声を表すハングル流の顔文字(写真)、ノ・シファン選手は上矢印、チョ・ハンミン選手は「クク」という笑い声を表す文字を目の下に塗り、それぞれ先発出場しました。

その意図ですが、ハンファはこの6日間で16日のダブルヘッダーを含む7試合が組まれ、あすがようやく休養日となります。各選手、疲れがピークに達する中、「明るくプレーしよう」と若き3人が発案したそうです。

試合は接戦となり、ハンファは3-4で1点を追う9回裏、2死二塁のチャンスを作りましたが、二塁走者が投手の牽制球でタッチアウト。同点のチャンスを逸して惜敗しています。

ムードメイクを買って出た3選手のうち、1番セカンドのチョン・ウンウォン選手は2打数1安打2四球、2得点を挙げて役割を果たしました。

◆「韓国では帽子の文字もOK?」

かつて阪神在籍時のオ・スンファン投手が、帽子に負傷離脱中の西岡剛選手の背番号7を帽子に記したところ、球審に注意されたことがありました。

NPBではチームで統一されたデザイン以外を帽子に施すことが認められていませんが、KBOリーグは寛容です。現在も多くの選手が離脱中選手の背番号、また他界した仲間のイニシャルを記している選手もいます。今回の「顔に文字」。日本だったらどうでしょうか。NPBの審判員に尋ねたところ個人的な見解として、「リーグとしてはこれはおそらくダメでしょうね」とのことでした。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

この日は2軍戦がありませんでした。次の試合は22日のLGツインズ戦です。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。21日は試合がありません。

◇6月20日(日)の結果

・LG 6 - 0 KIA(チャムシル)

 勝:ケリー

 敗:チャ ミョンジン

・KT 4 - 1 トゥサン(スウォン)

 勝:チュ グォン

 敗:ホン ゴンヒ

・ハンファ 3 - 4 SSG(テジョン)

 勝:キム テクヒョン

 敗:カーペンター

・ロッテ 8 - 7 サムスン(プサン)

 勝:ストレイリー

 敗:イ スンミン

・NC 4 - 8 キウム(チャンウォン)

 勝:ヨキッシュ

 敗:パーソンズ

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。