18日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

ロッテジャイアンツ-サムスンライオンズ(プサン)はサムスンの先発マウンドに、リーグトップタイの8勝を挙げている、ウォン・テイン投手が上がりました。

1-0でロッテリードの5回裏、サムスンはショートが連続エラー。ロッテに2点目が入り、ランナー一、三塁のチャンスとなって打席には2番のソン・アソプ選手が入りました。この場面でソン・アソプ選手はカウント2-1からの高めのチェンジアップをライトスタンドへ。リードを広げる3ランホームランを放ちました。

通算打率3割2分4厘で現役3位、通算1974安打を記録するソン・アソプ選手は、この日の一発が今季初アーチでした。

試合は7-4でロッテが勝利。代表入りが決まったウォン・テイン投手は5回79球を投げて被安打4、失点5(自責点2)で4敗目です。

◆「球宴ファン投票途中経過、サムスンが全部門トップ」

7月24日にコチョクスカイドームで行われるオールスター戦。6月14日から実施のファン投票の途中経過で、ドリームチーム(トゥサン、KT、ロッテ、サムスン、SSG)の全部門のトップを、サムスンの選手が独占しています。

ファン投票は投手が先発、中継ぎ、抑えの3つに分かれ、指名打者を含む計12部門で選ばれます。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

この日は2軍戦がありませんでした。次の試合は22日のLGツインズ戦です。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇6月18日(金)の結果

・LG 5 - 0 KIA(チャムシル)

 勝:チャ ウチャン

 敗:キム ユシン

・KT 3 - 11 トゥサン(スウォン)

 勝:ミランダ

 敗:ペ ジェソン

・ハンファ 4 - 3 SSG(テジョン)

 勝:イ チュンホ

 敗:ソ ジンヨン

・ロッテ 7 - 4 サムスン(プサン)

 勝:フランコ

 敗:ウォン テイン

・NC 5 - 0 キウム(チャンウォン)

 勝:ソン ミョンギ

 敗:アン ウジン

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。