13日の韓国KBOリーグはダブルヘッダー1カードを含む、6試合が行われました。

LGツインズ-トゥサンベアーズ(チャムシル)は序盤から両チームともホームベースが遠く、5回までの得点はLGが4回裏に死球による押し出しで挙げた1点のみでした。

1-0のまま進んだ7回裏、LGは1死一、二塁で6番オ・ジファン選手がライトにタイムリー二塁打を放ち、2-0としました。

LGは先発のチョン・チャンホン投手が5回無失点でマウンドを降り、後をつないだキム・デユ、チョン・ウヨン、キム・ユンシク、イ・ジョンヨンの4投手が6回以降を0点に抑えて9回へ。

9回表のマウンドにはクローザーのコ・ウソク投手が上がり、3、4、5番からいずれも空振り三振を奪って試合を締めました。コ・ウソク投手のこの日のストレートの最速156キロ。4、5番には低めへの139キロのスライダーを振らせて三振を決めました。22歳のコ・ウソク投手はクローザーを任されて3年目。今季はここまで19セーブのオ・スンファン投手(サムスン)に次ぐリーグ2位の16セーブ、防御率1.96を記録しています。

◆「KIAとロッテ、喪章をつけてプレー。解体ビル倒壊事故を受け」

先週9日、韓国・クァンジュで、解体中のビルが倒壊する事故が発生。下敷きになった路線バスの乗客9人が亡くなりました。この惨事を受けてクァンジュを本拠地とするKIAタイガースは、13日の試合で黒いリボン(喪章)を帽子とヘルメットにつけてプレー。対戦相手のロッテジャイアンツの選手もユニフォームに喪章をつけました。

◆「16日に韓国代表発表」

7、8月に開催予定の東京オリンピック(五輪)に参加する、野球韓国代表の最終エントリー24人が16日に明らかになります。代表チームを率いるキム・ギョンムン監督が記者会見で発表の予定です。東京五輪の野球競技は6チームが参加。2グループに分かれた予選リーグの後、敗者復活戦を含む変則トーナメント方式で金メダルを争います。

⇒ 東京オリンピック野球競技日程(ストライク・ゾーン)

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

ハンファイーグルスとの2軍戦に8番センターで先発出場し、4打数3安打1打点3得点。盗塁1つを記録しています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全6試合の結果です。14日は試合がありません。

◇6月13日(日)の結果

・LG 2 - 0 トゥサン(チャムシル)

 勝:チョン チャンホン

 敗:クァク ピン

・SSG 3 - 7 キウム(インチョン)

 勝:ブリガム

 敗:チョ ヨンウ

・KT 6 - 3 ハンファ(スウォン)

 勝:クエバス

 敗:キム ミンウ

・サムスン 5 - 3 NC(テグ)

 勝:イ ジェイク

 敗:イム チャンミン

・ロッテ 8 - 6 KIA(プサン)

 ダブルヘッダー第1試合

 勝:キム ジンウク

 敗:ホン サンサム

・ロッテ 3 - 6 KIA(プサン)

 ダブルヘッダー第2試合

 勝:イ ミンウ

 敗:ナ ギュンアン

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。