8日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

ハンファイーグルス-キウムヒーローズ(テジョン)はハンファの先発キム・ミンウ投手が、5回1死までノーヒットピッチング。フォーク、カーブで凡打を誘い、6回105球を投げて被安打4、三振5、失点2と好投しました。

試合は相手守備のミスで得点を重ねたハンファが4-2で勝利。キム・ミンウ投手はリーグトップタイの7勝目(3敗)を挙げました。

ハンファはここまで52試合を戦いこの日が21勝目で9位。キム・ミンウ投手はチームの勝ち星の1/3を挙げています。

プロ7年目、25歳のキム・ミンウ投手は身長189cm、体重105kgの巨漢ですが、直球の平均球速は140キロ。この日はコーナーを突く制球力と、決め球の縦の変化球が決まりました。7月から8月に開催予定の東京オリンピックに野球韓国代表は参加しますが、キム・ミンウ投手はその先発投手候補に一歩前進です。

◆「SSG、シン・ジェヨンを獲得」

SSGランダーズは昨オフにキウムを戦力外となった、シン・ジェヨン投手を獲得したと発表しました。シン・ジェヨン投手はプロ5年目の2016年に15勝を挙げて、新人王を獲得したサイドスロー右腕。今季は独立リーグのシフン(始興)ウルブズでプレーしていました。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

7日に登録抹消となり、KIAタイガースとの2軍戦に5番レフトで先発出場。3打数1安打(二塁打)1四球、盗塁1を記録しています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇6月8日(火)の結果

・LG 2 - 1 NC(チャムシル)

 勝:キム ユンシク

 敗:イム チャンミン

・SSG 2 - 4 KT(インチョン)

 勝:コ ヨンピョ

 敗:チョ ヨンウ

・ハンファ 4 - 2 キウム(テジョン)

 勝:キム ミンウ

 敗:ブリガム

・サムスン 7 - 0 KIA(テグ)

 勝:ペク チョンヒョン

 敗:イ ウィリ

・ロッテ 18 - 9 トゥサン(プサン)

 勝:フランコ

 敗:パク チョンス

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。