6日の韓国KBOリーグは全5試合が17時開始で行われました。

KIAタイガース-LGツインズ(クァンジュ)はLGの先発マウンドに韓国を代表する左腕の一人、チャ・ウチャン投手が上がりました。

チャ・ウチャン投手は左肩の故障で昨年7月24日以来の1軍マウンド。5回まで毎回ランナーを出しながらも5回73球を投げて被安打4、三振4、KIA打線を0点に抑えました。ストレートは140キロ台前半が最速でしたが、スライダーで左右両打者から空振りを誘い、要所を締めていきました。

試合はLGが4回に9点を挙げて大量リードし、10-0で勝利。チャ・ウチャン投手は昨年7月18日ハンファイーグルス戦以来の白星を挙げています。

プロ16年目34歳のチャ・ウチャン投手は、この日の勝利で通算111勝目。経験豊富な左腕が帰ってきました。

◆「1-9から13-10に大逆転」

3連勝中のNCダイノスと3連敗のハンファの対戦は、NCが6回を終わって9-1で8点をリードするも、ハンファは7回表に8点を挙げて同点に。8、9回にも得点を重ねて、13-10で大逆転勝利しました。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

SSGランダーズ戦の9回表、センターの守備に入りました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。7日は試合がありません。

◇6月6日(日)の結果

・トゥサン 1 - 4 SSG(チャムシル)

 勝:フォント

 敗:イ スンジン

・キウム 1 - 3 サムスン(コチョク)

 勝:ウォン テイン

 敗:アン ウジン

・KT 7 - 8 ロッテ(スウォン)

 勝:キム ウォンジュン

 敗:イ ボグン

・KIA 0 - 10 LG(クァンジュ)

 勝:チャ ウチャン

 敗:イ ミンウ

・NC 10 - 13 ハンファ(チャンウォン)

 勝:カン ジェミン

 敗:イム ジョンホ

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。