28日の韓国KBOリーグは1試合がグラウンドコンディション不良で中止。4試合がナイトゲームで行われました。

LGツインズ-キウムヒーローズ(チャムシル)は3-1でLGが勝利しました。LGは先発のケイシー・ケリー投手が6回98球を投げて被安打4。序盤はカーブでカウントを稼ぎ、2巡目以降は打者がそのカーブを打ち損じ、ケリー投手は6回に犠飛で与えた1点に抑えました。

LGは7、8回の2イニングを4人の投手が0点に抑え、9回は抑えのコ・ウソク投手が締めました。ケリー投手は今季3勝目(3敗)。コ・ウソク投手はリーグ2位の11セーブ目を挙げています。

打線では2、4回に6番で捕手のユ・ガンナム選手がタイムリーを放ち、8回には3番キム・ヒョンス選手がリードを広げる8号ソロを放ったLG。先行逃げ切りの理想的な勝ち方で3連勝を飾りました。敗れたキウムは3連敗です。

◆「あすのプサンはダブルヘッダー」

この日、グラウンドコンディション不良で中止となったロッテジャイアンツ-NCダイノス(プサン)は、あす29日に14時開始のダブルヘッダーが組まれました。今年はオリンピック開催中に公式戦を中断する影響で、中止の翌日に同一カードがある場合、ダブルヘッダーが編成されます。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

この日、1軍登録され、サムスンライオンズ戦の8回裏からライトの守備に入りました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が4試合の結果です。

◇5月28日(金)の結果

・LG 3 - 1 キウム(チャムシル)

 勝:ケリー

 敗:ヨキッシュ

・ハンファ 3 - 12 SSG(テジョン)

 勝:オ ウォンソク

 敗:カーペンター

・サムスン 4 - 9 トゥサン(テグ)

 勝:チェ ウォンジュン

 敗:ブキャナン

・KIA 7 - 6 KT(クァンジュ)

 勝:パク チンテ

 敗:キム ミンス

・ロッテ 中 止 NC(プサン)

 勝:

 敗:

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。