3投手で零封、全打点を2人の捕手が挙げて連敗ストップ/安田権守初スタメン<韓国KBOリーグ>

7回無失点で2勝目を挙げたハン・ヒョンヒ(写真:キウムヒーローズ)

12日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

トゥサンベアーズ-キウムヒーローズ(チャムシル)は投手戦に。8回まで両チームが挙げた得点は3回表、キウムの捕手、9番パク・トンウォン選手の2号ソロの1点のみでした。

トゥサンの先発アリエル・ミランダ投手(元ソフトバンク)は、6回106球を投げて被安打4、三振10個。失点はソロホームランの1点のみでマウンドを降りました。

キウムの先発ハン・ヒョンヒ投手は7回95球、4安打無失点と好投。試合は1-0のまま9回に入り、9回表、キウムは2死一、二塁のチャンスで、先制弾のパク・トンウォン選手に代わって同じく捕手のイ・ジヨン選手が代打で登場。暴投で走者が進塁の後、貴重な追加点となる2点タイムリーを放って3-0としました。

キウムはハン・ヒョンヒ投手の後を、キム・テフン、チョ・サンウ投手が0点に抑えて勝利。3投手の零封リレーと2人の捕手のバットで、キウムは連敗を3で止めました。トゥサンの連勝は4でストップです。

◆「許可されたバット以外を使用?」

きのう11日のトゥサン-キウムの5回裏、キウム側が審判に「トゥサンのオ・ジェウォン選手が使っているバットが、KBO公認のバットではない」とアピールしました。

オ・ジェウォン選手が使っていたのはローリングス社のバット。KBOリーグでは各バットメーカーがその年にリーグに公認を得るために申請し、許可されたメーカーのリストが写真付きでベンチに貼られています。

同社は昨季まで申請、公認を受けていましたが、今季は使う選手がいないということで未申請でした。しかしオ・ジェウォン選手はこの日、以前使っていたバットで打席に入ったようです。オ・ジェウォン選手はこの日、3安打2打点。6回の3打席目、他選手から借りたバットで放ったヒットが決勝打となりました。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

キウムヒーローズ戦に9番センターで出場。KBOリーグ2年目で初スタメンとなりました。3回裏の先頭打者として入った1打席目は見逃しの三振。6回無死の2打席目はセカンドゴロ。8回無死一塁での3打席目は送りバントを決めています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇5月12日(水)の結果

・トゥサン 0 - 3 キウム(チャムシル)

 勝:ハン ヒョンヒ

 敗:ミランダ

・KT 5 - 7 サムスン(スウォン)

 勝:ペク チョンヒョン

 敗:コ ヨンピョ

・ハンファ 3 - 6 NC(テジョン)

 勝:シン ミンヒョク

 敗:ペ ドンヒョン

・KIA 5 - 3 LG(クァンジュ)

 勝:チャン ミンギ

 敗:イ ジョンヨン

・ロッテ 2 - 9 SSG(プサン)

 勝:パク チョンフン

 敗:フランコ

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。