史上初!?スターバックスと球団がコラボ ユニフォームと帽子にロゴも

スターバックスとコラボしたSSGの帽子とユニフォーム(写真:SSGランダーズ)

韓国KBOリーグのSSGランダーズは10日、世界展開する大手コーヒーチェーン「スターバックス」とのコラボ企画を発表した。

5月21日からの本拠地3連戦を「スターバックス・デー」と銘打ち、イベントなどを実施する予定。SSG球団の親会社は流通大手のシンセゲ(新世界)グループで、韓国のスターバックスは同グループの企業だ。

韓国のスターバックスの店舗数は約1,500。人口が倍以上の日本の約1,600店舗に迫る程の数で、韓国でも身近な存在となっている。SSGの本拠地、インチョン(仁川)SSGランダーズフィールドにも先日、球場内にスターバックスがオープン。球団は「メジャーリーグにもない、世界初の野球場の中にあるスタバ」とうたっている。

球場内のスターバックスの店舗(写真:SSGランダーズ)
球場内のスターバックスの店舗(写真:SSGランダーズ)

今回の「スターバックス・デー」期間中、SSGの選手は21、22日の試合で、スターバックスのシンボルカラーである緑色を基調としたユニフォームを着用。また帽子のチームロゴも赤から緑に変更。帽子の右側面とユニフォームにはスターバックスのロゴも施される。このユニフォームと帽子は球場とネットショップでの販売が予定されている。

またこの3連戦の来場者は、当日のチケットとタンブラー持参でアイスアメリカーノが1杯無料で提供される。チームが勝利した場合は、デイリーMVPに選ばれた選手にスターバックスの1年間無料利用権が贈呈されるが、その権利も選手からファンにプレゼントされるという。

その他にも3連戦中に、外野席の「スターバックス・ホームランゾーン」にホームランが飛び込んだ場合、抽選で5人のファンにスターバックスのドリンク1年間無料クーポンのチャンスがある。

SSGは今年1月、通信大手のSKテレコムが所有するSKワイバーンズを買収。新球団として1年目のシーズンを迎えている。前球団のSKは2000年代に4度の韓国シリーズ制覇を果たすなど、球界をリードしたが昨季の成績は10球団中、9位だった。

(関連記事:新球団は「SSGランダーズ」 SKワイバーンズは21年の歴史に幕を下ろす

(関連記事:SK球団を大手スーパーのイーマートが買収へ 2000年代の韓国球界をリードした主役の撤退に衝撃走る

SSGはシーズン前、韓国人メジャーリーガーのチュ・シンス外野手の獲得で話題を集めた。今季はここまで30試合を戦い、16勝14敗で同率3位。日本人では昨季までLGツインズでコーチを務めた、芹澤裕二バッテリーコーチ(元中日、楽天など)が在籍している。

NPBでのプレー経験がある選手では、韓国5シーズン目を迎える元DeNAのジェイミー・ロマック内野手、3年目のハ・ジェフン投手(元ヤクルト)がいる。

ベンチでスタバのアイスアメリカーノを飲むチュ・シンス(写真:SSGランダーズ)
ベンチでスタバのアイスアメリカーノを飲むチュ・シンス(写真:SSGランダーズ)

SSG ランダーズ紹介(ストライク・ゾーン)