王者復活?サムスンが3連勝で5年半ぶりの単独首位キープ<韓国KBOリーグ>

1歳の誕生日のピレラ(元広島)の娘と母親による始球式(写真:サムスンライオンズ)

2日の韓国KBOリーグは、全5試合が14時開始のデーゲームで行われました。

サムスンライオンズ-LGツインズ(テグ)は4-4で迎えた8回裏、1死一、二塁で6番イ・ウォンソク選手がレフトオーバーの二塁打。2者が還って6-4と勝ち越しに成功しました。

サムスンは9回表、4番手で登板のオ・スンファン投手がLG打線を3人で締めてゲームセット。オ・スンファン投手は通算500試合目の登板で今季7セーブ目を挙げています。

現在首位のサムスンはLGとの3連戦に3連勝。2位のKTも勝利し4連勝で、2位とのゲーム差は0.5のままです。

サムスンの先発デービッド・ブキャナン投手(元ヤクルト)は6回3失点。勝ち負けはついていません。ここまでの成績は6試合に登板しリーグトップタイの4勝(1敗)です。

ピレラファミリーと先発のブキャナン(写真:サムスンライオンズ)
ピレラファミリーと先発のブキャナン(写真:サムスンライオンズ)

◆「新球場で迎える初めての首位」

2011年から4年続けて韓国シリーズを制覇。15年も2位と9ゲーム差をつけて公式戦1位と、長らく王者として君臨していたサムスンですが、本拠地球場がテグサムスンライオンズパークとなった16年からは9、9、6、8、8位と低迷しています。しかし今季は現在1位。球場が新しくなって6年目、初めて首位に立っています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

9回表、レフトのキム・ジェファン選手に代わり、ライトの守備に入りました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。3日は試合がありません。また4日は五輪代表候補選手のワクチン接種翌日のため、全5試合の中止が決定しています。

(関連記事:高卒ドラ1遊撃手が初V打/五輪候補選手ワクチン接種のため来週4日は中止に

◇5月2日(日)の結果 

・トゥサン 8 - 5 SSG(チャムシル)

 勝:ユ ヒグァン

 敗:キム ジョンビン

・KT 9 - 2 KIA(スウォン)

 勝:デスパイネ

 敗:イム ギヨン

・サムスン 6 - 4 LG(テグ)

 勝:ウ ギュミン

 敗:キム デユ

・ロッテ 4 - 5 ハンファ(プサン)

 勝:キム ミンウ

 敗:ク スンミン

・NC 5 - 0 キウム(チャンウォン)

 勝:パク チョンス

 敗:ヨキッシュ

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。