高卒ドラ1遊撃手が初V打/五輪候補選手ワクチン接種のため来週4日は中止に<韓国KBOリーグ>

初の決勝打の高卒新人アン・ジェソク(写真:トゥサンベアーズ/初報から差し替え)

30日の韓国KBOリーグは、全5試合がナイトゲームで行われました。

チャムシル球場で行われたトゥサンベアーズ-SSGランダーズは9-4でトゥサンが勝利。トゥサンは前日29日にプロ初打点を挙げた高卒ドラ1新人のアン・ジェソク選手が、2回裏1死二塁で右中間にタイムリー三塁打を放ち、1-0と先制しました。

トゥサンは4回に7点を挙げて大量リードし、アン・ジェソク選手の先制打がプロ入り初の決勝打となっています。8番ショートで出場のアン・ジェソク選手はこの日が7試合目の先発出場。軽快な守備に加えて、この2試合はバットでも結果を残しています。

トゥサンは先発のアリエル・ミランダ投手(元ソフトバンク)がリーグトップタイの4勝目を挙げました。

◆「5/4は全試合中止に。五輪候補のワクチン接種のため」

韓国野球委員会(KBO)は東京オリンピック(五輪)野球競技の候補選手(予備エントリー)116人が、5月3日に新型コロナウイルスのワクチン接種を行うにあたり、接種後の当該選手の休養と離脱の可能性を考慮。翌4日に予定していた全5試合を中止にすると発表しました。

また、ワクチン接種の選手が公式戦に出場できない状況を想定し、特別エントリーを実施。接種の翌日から3日以内に登録抹消となった場合、再登録に通常必要な10日を経過しなくても再びエントリーが可能です。

中止となった5試合は雨天中止分などが編成される、10月の日程に組み込まれます。

KBOリーグは東京五輪が予定通り行われる場合、野球韓国代表選手がチームを離れる7月19日から8月9日まで公式戦を中断する予定です。

(関連記事:オープン戦、釜山ロッテが連勝/東京五輪1次名簿を提出 呉昇桓、李大浩も含む

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

4回裏、この日の1打席目に死球を受けた4番キム・ジェファン選手の代打として出場。ピッチャーゴロでした。5回表からセンターの守備に入り、5回裏の2打席目はレフトフライ。7回裏の3打席目はピッチャーゴロでした。8回表、ライトに守備位置を代えています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇4月30日(金)の結果

・トゥサン 9 - 4 SSG(チャムシル)

 勝:ミランダ

 敗:チャン ジフン

・KT 15 - 3 KIA(スウォン)

 勝:コ ヨンピョ

 敗:キム ユシン

・サムスン 4 - 0 LG(テグ)

 勝:ウォン テイン

 敗:キム ユンシク

・ロッテ 7 - 11 ハンファ(プサン)

 勝:ユン ホソル

 敗:オ ヒョンテク

・NC 3 - 4 キウム(チャンウォン)

 勝:チェ ウォンテ

 敗:カン ドンヨン

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。