33歳の代表選手がチームではテームズ(現巨人)以来のサイクル安打 捕手初の達成<韓国KBOリーグ>

サイクル安打を達成したヤン・ウィジ(写真:NCダイノス)

29日の韓国KBOリーグは、全5試合がナイトゲームで行われました。

サムスンライオンズ-NCダイノス(テグ)では大記録達成がありました。NCの4番ヤン・ウィジ選手がサイクルヒットを達成です。

ヤン・ウィジ選手は2回表の先頭打者として、ライトフェンス直撃の三塁打。4回も無死での打席でレフトへヒットを放ちました。5回には2死一、二塁でレフトへ3ランホームラン。そして7回表の4打席目にレフトオーバーの二塁打を放ち、サイクルヒットを達成しています。

今回のサイクルヒットはKBOリーグ史上26人目、通算28度目の記録達成となります。捕手のサイクルヒットは史上初。NCでは現在巨人に所属するエリック・テームズ選手以来、6年ぶりです。

またヤン・ウィジ選手が二塁打でサイクルヒットを決めた時に抱き合ったイ・ジョンウク一塁ベースコーチも、トゥサンでプレーしていた2009年にサイクルヒットを達成しています。

記録達成時のヤン・ウィジとイ・ジョンウク一塁ベースコーチ(写真:NCダイノス)
記録達成時のヤン・ウィジとイ・ジョンウク一塁ベースコーチ(写真:NCダイノス)

試合はNCが9-0で勝利。首位に立ったサムスンの連勝は4で止まり、2位に後退です。

◆「韓国での呼び名は『サイクリングヒット』」

韓国では「サイクリングヒット」と呼ばれるサイクルヒット。これまでに2度達成した選手が2人います。96、03年のヤン・ジュンヒョクさん(元サムスン)と、テームズ選手は15年の4月と8月に記録しています。

直近では昨年10月4日、ロッテのオ・ユンソク選手が達成しています。

(関連記事:史上初、満塁ホームランを含むサイクルヒット プロ7年目で初の三塁打で達成

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

4回裏、パク・コンウ選手に代わってセンターの守備に入ると、5回表無死、この日の初打席でセンター前に今季初ヒットを放ちました。6回裏から守備位置をセンターに移し、7回の2打席目は空振り三振。9回の3打席目は1死満塁で今季初打点となる、一、二塁間をやぶるタイムリーヒットを放っています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇4月29日(木)の結果

・LG 3 - 2 ロッテ(チャムシル)

 勝:チョン ウヨン

 敗:チェ ジュンヨン

・キウム 4 - 15 トゥサン(コチョク)

 勝:チェ ウォンジュン

 敗:チャン ジェヨン

・SSG 1 - 6 KT(インチョン)

 勝:ソ ヒョンジュン

 敗:パク チョンフン

・サムスン 0 - 9 NC(テグ)

 勝:シン ミンヒョク

 敗:ペク チョンヒョン

・KIA 3 - 2 ハンファ(クァンジュ)

 勝:キム ヒョンス

 敗:ユン デギョン

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。