二塁走者の安田権守がセカンドゴロで本塁突入 絶妙ヘッスラで1点もぎ取る<韓国KBOリーグ>

ホームに突入のアン・グォンス(写真:トゥサンベアーズ)

23日の韓国KBOリーグは、全5試合がナイトゲームで行われました。

チャムシル球場のトゥサンベアーズ-NCダイノスは、トゥサンが2-0でリードの7回裏。この回の先頭打者、2番ホセ・フェルナンデス選手が右中間へのヒットとライトのエラーで二塁に進むと、トゥサンは代走にアン・グォンス(安田権守)選手を送りました。

1死後、4番キム・ジェファン選手の打球は、ライトの前まで深い守備シフトをとったセカンドへのゴロ。この打球を処理した二塁手がボールを一塁へ送球する間に、二塁走者のアン・グォンス選手は三塁へ進塁し、そのままスピードを緩めることなくホームへと突入しました。

一塁手から捕手へとボールが転送され、タイミングはアウトでしたが、アン・グォンス選手はヘッドスライディングで差し出した左腕にヤン・ウィジ捕手のミットが近づくと、体を背中寄りに回して右手でベースタッチ。アン・グォンス選手の絶妙なヘッドスライディングの結果、球審はセーフとジャッジしました。NC側からの要請でビデオ判定となるも判定は覆らず、トゥサンは3-0とリードを広げました。

球審にアピールするアン・グォンス(写真:トゥサンベアーズ)
球審にアピールするアン・グォンス(写真:トゥサンベアーズ)

試合はトゥサンが8回に2点を追加し、5-1で勝利。先発のチェ・ウォンジュン投手が7回3安打無失点で2勝目を挙げています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

◆「オ・スンファン、10日間セーブ機会なし」

先週13日に今季4セーブ目を挙げ、KBOリーグ通算300セーブにあと1つに迫ったオ・スンファン投手(サムスン)ですが、その後のサムスンの試合は大差をつけての勝利が続き、セーブ機会が訪れていません。オ・スンファン投手は登板間隔が空いたため、20日は3点を追う9回表に打者1人に対してマウンドに上がっています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

代走で出場の後、レフトの守備に入り、8回裏2死二塁で打席が回り、結果はピッチャーゴロでした。ここまで4試合に出場。3打数無安打です。

以下が全5試合の結果です。

◇4月23日(金)の結果

・トゥサン 5 - 1 NC(チャムシル)

 勝:チェ ウォンジュン

 敗:ソン ミョンギ

・キウム 5 - 9 SSG(コチョク)

 勝:パク チョンフン

 敗:アン ウジン

・KT 10 - 5 ロッテ(スウォン)

 勝:フランコ

 敗:イ ジョンヒョン

・ハンファ 1 - 2 LG(テジョン)

 勝:スアレス

 敗:カーペンター

・KIA 4 - 1 サムスン(クァンジュ)

 勝:メンデン

 敗:ペク チョンヒョン

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。