元広島・ピレラ2打席連続弾 大量リード受けたブキャナン(元ヤクルト)は3勝目<韓国KBOリーグ>

2打席連続アーチの元広島ホセ・ピレラ(写真:サムスンライオンズ)

21日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

サムスンライオンズ-SSGランダーズ(テグ)はサムスンが14-4で大勝。サムスンは3-0でリードして迎えた3回裏、4番のホセ・ピレラ選手がレフトスタンド上段に前夜に続く5号ソロホームラン。サムスンはさらに得点を重ね、この回を終わって6-0としました。

さらにピレラ選手は4回裏の3打席目にも2打席連続となる6号ソロを、左中間スタンドにライナーで放り込み、リードを広げました。

サムスンは先発のデービッド・ブキャナン投手が、7回途中まで103球を投げて被安打8。SSG打線を7回の1点に抑えてリーグトップの3勝目を挙げています。敗れたSSGの連勝は3で止まりました。

◆「連勝、連敗ムードが徐々に」

例年、大きな連勝、連敗が続く傾向があるKBOリーグ。前日まで5連勝中だったKTウィズはNCダイノスに敗れて連勝がストップ。最下位のキウムヒーローズはハンファイーグルスに敗れて、連敗が7となりました。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

この日、クク・ヘソン選手に代わって1軍に登録。ロッテジャイアンツ戦での出場はありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇4月21日(水)の結果

・LG 7 - 3 KIA(チャムシル)

 勝:キム ユンシク

 敗:コ ヨンチャン

・ハンファ 4 - 3 キウム(テジョン)

 勝:キム ミンウ

 敗:キム テフン

・サムスン 14 - 4 SSG(テグ)

 勝:ブキャナン

 敗:イ ゴンウク

・ロッテ 10 - 9 トゥサン(プサン)

 勝:パク チンヒョン

 敗:イ スンジン

・NC 4 - 3 KT(チャンウォン)

 勝:キム ヨンギュ

 敗:クエバス

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。