ロマック(元DeNA)逆転2ランで連敗止める/ブキャナン(元ヤクルト)初完封<韓国KBOリーグ>

決勝弾のロマックと完封のブキャナン(写真:SSGランダーズ、サムスンライオンズ)

15日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

3連敗中のSSGランダーズはNCダイノスに9-3で勝利。SSGは0-1で迎えた4回裏、4番ジェイミー・ロマック選手(元DeNA)がNCの先発、左腕のキム・ヨンギュ投手からレフトに2号逆転2ラン。SSGにとってこの一発が、16イニングぶりの得点でした。

SSGは4回にさらに2点を追加すると5回以降も得点を重ね、連敗を止めて勝率を5割に戻しています。

ロマック選手は開幕から5試合、無安打でしたが、ここ4試合はヒットが続き、この日は4打数2安打でした。

◆「ブキャナン初完封」

サムスンライオンズ-ハンファイーグルス(テグ)はサムスンの先発デービッド・ブキャナン投手が9回108球を投げて散発2安打、四球1。ハンファ打線を0点に抑えて、KBOリーグ2年目で初の完封勝利を挙げました。

立ち上がりのブキャナン投手はチェンジアップをコーナーいっぱいに投げ込み、4者連続三振でスタート。

5回はカットボールのコントロールが良く、5~7番を3者三振に抑えました。ブキャナン投手は6、7回とも、2つの併殺打により打者3人で終えたため、9回を投げて対戦した打者はわずか28人でした。ブキャナン投手は2勝目(1敗)です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

SSGランダーズとの二軍戦に1番センターで先発出場し、5打数1安打1盗塁でした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇4月15日(木)の結果

・トゥサン 3 - 8 KT(チャムシル)

 勝:キム ミンス

 敗:ホン ゴンヒ

・キウム 4 - 6 LG(コチョク)

 勝:ペ ジェジュン

 敗:ヨキッシュ

・SSG 9 - 3 NC(インチョン)

 勝:オ ウォンソク

 敗:キム ヨンギュ

・サムスン 4 - 0 ハンファ(テグ)

 勝:ブキャナン

 敗:キム ミンウ

・KIA 10 - 5 ロッテ(クァンジュ)

 勝:ソ ドクウォン

 敗:キム ジンウク

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。