昨季は8番、今季は5番、3戦連続5号弾 ドイツ出身助っ人が本塁打トップに<韓国KBOリーグ>

リーグ単独トップに立つ5号ソロを放ったアーロン・アルテール(写真:NCダイノス)

13日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

インチョンSSGランダーズフィールドのSSGランダーズ-NCダイノスは、4-2でNCが勝利。4連勝を飾っています。NCは5番のアーロン・アルテール選手が8回表に、リードを広げる特大のソロアーチ。3試合連続の5号ホームランで、リーグ単独トップに立ちました。

アルテール選手は開幕から8試合連続ヒット。この4試合は毎試合2本以上のヒットを記録しています。昨季は主に8番に座り、31本塁打、108打点をマーク。今季は中軸に座り、ここまで好調です。

◆「オ・スンファン通算300セーブまであと1も…」

サムスンライオンズのオ・スンファン投手がハンファイーグルス戦の9回表に登板し、今季4セーブ目を挙げました。しかし2試合連続失点で、防御率は7.36です。

オ・スンファン投手はKBOリーグの通算セーブ数を299とし、300セーブまであと1つに迫りました。

◆「全カードで初回に先制のチームが勝利」

13日は全カードで初回に得点を挙げ、先制したチームが勝利しました。うち3チームがそのまま逃げ切り勝ちです。

各チーム、先発投手のレベル差がローテーション1、2番手と3番手以降では大きいKBOリーグ。エース級投手の登板日ではなかったこの日は、先発投手が立ち上がりに失点したチームが敗れる結果となりました。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

SSGとの二軍戦はグラウンドコンディション不良で中止でした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇4月13日(火)の結果

・トゥサン 7 - 8 KT チャムシル

 勝:コ ヨンピョ

 敗:キム ミンギュ

・キウム 8 - 2 LG コチョク

 勝:スミス

 敗:イム チャンギュ

・SSG 2 - 4 NC インチョン

 勝:カン ドンヨン

 敗:チョ ヨンウ

・サムスン 4 - 3 ハンファ テグ

 勝:ウォン テイン

 敗:パク チュホン

・KIA 0 - 8 ロッテ クァンジュ

 勝:パク セウン

 敗:イ ミンウ

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。