ハンファが投打のニュースターの活躍で快勝/元ヤクルト・ブキャナン今季初勝利<韓国KBOリーグ>

2発6打点のノ・シファンと6回無失点のキム・ミンウ(写真:ハンファイーグルス)

9日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

ハンファイーグルスとトゥサンベアーズの対戦は、ハンファが本拠地開幕戦を7-0で勝利。先発の25歳キム・ミンウ投手が7回途中まで投げて5安打、無四球。3連続を含む7三振を奪い、今季初勝利を挙げました。

ハンファは5番に座る20歳のノ・シファン選手が、1回に先制の1号3ランを左中間の一番深いところに放り込むと、3回にも追加点となる3ランをライトスタンドへ。この日のノ・シファン選手は3安打6打点を記録しています。

長引く低迷からの脱却を目指し、昨オフに中堅、ベテランを大量解雇したハンファ。今季はベネズエラ出身の外国人監督を招き、迎えた本拠地初戦は投打のニュースターの活躍で快勝しました。

◆「ブキャナン今季初勝利」

サムスンライオンズのデービッド・ブキャナン投手(元ヤクルト)が開幕戦に次いで、今季2度目の先発。KTウィズに対し、初回の2死満塁のピンチを三振で切り抜けると、その後も得点を与えず、6回100球を投げて被安打4、無失点。6つの三振を奪いました。

試合は終盤にKTが追い上げるも及ばず、7-5でサムスンが勝利し、ブキャナン投手は今季初勝利を挙げています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

LGツインズとの2軍戦に1番センターで先発出場し、3打数無安打でした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇4月9日(金)の結果

・LG 9 - 5 SSG(チャムシル)

 勝:チン ヘス

 敗:チョ ヨンウ

・ハンファ 7 - 0 トゥサン(テジョン)

 勝:キム ミンウ

 敗:ユ ヒグァン

・サムスン 7 - 5 KT(テグ)

 勝:ブキャナン

 敗:キム ミンス

・KIA 6 - 10 NC(クァンジュ)

 勝:シン ミンヒョク

 敗:ブルックス

・ロッテ 2 - 7 キウム(プサン)

 勝:ヨキッシュ

 敗:キム ジンウク

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。