サムスン開幕4連敗から脱出 20歳の左腕の好投で今季初勝利<韓国KBOリーグ>

6回無失点で今季初勝利のイ・スンミン(写真:サムスンライオンズ)

8日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

チャムシル球場のトゥサンベアーズとサムスンライオンズの対戦は、サムスンの先発、高卒2年目左腕のイ・スンミン投手が好投。6回93球を投げて、トゥサン打線を1安打無失点に抑えました。

身長174センチ、体重79キロと、小柄なイ・スンミン投手が投じたこの日の最速は137キロ。しかしさらに遅いスライダー、カーブなどの変化球との組み合わせで、直球は球速以上の威力を感じさせ、凡打の山を築きました。

試合は4回までに3点を挙げたサムスンが、6回にも3点を追加して6-1で勝利。サムスンは今季初勝利で開幕から続いた連敗を4で止めました。敗れたトゥサンは連勝が3で止まり、今季初黒星です。

◆「チュ・シンスに待望の一打」

メジャーリーグからSSGランダーズ入りしたチュ・シンス選手。開幕からの3試合で12打席ノーヒットでしたが、8日のハンファイーグルス戦の2打席目にKBOリーグ初安打となるライトへの1号ソロが飛び出しました。

SSGは続く4番チェ・ジョン選手もレフトに一発を放ち、2者連続アーチとなっています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

イ・ヨンハ投手と入れ替わって登録抹消となり、コヤン(キウム2軍)との2軍戦に2番センターで先発出場。5打数2安打でした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇4月8日(木)の結果

・トゥサン 1 - 6 サムスン(チャムシル)

 勝:イ スンミン

 敗:イ ヨンハ

・キウム 3 - 5 KIA(コチョク)

 勝:キム ジェヨル

 敗:オ ジュウォン

・SSG 6 - 4 ハンファ(インチョン)

 勝:イ テヤン

 敗:キム ジンヨン

・KT 3 - 7 LG(スウォン)

 勝:キム ユンシク

 敗:ペ ジェソン

・NC 4 - 8 ロッテ(チャンウォン)

 勝:パク チンヒョン

 敗:イム チャンミン

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。