李大浩が満塁アーチと全力疾走の内野安打 3安打5打点でチームを勝利に導く<韓国KBOリーグ>

イ・デホ(写真:ロッテジャイアンツ)

6日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

チャンウォンNCパークのNCダイノスとロッテジャイアンツの対戦は、ロッテの4番イ・デホ選手が1号満塁ホームランを含む、3安打5打点の活躍を見せました。

イ・デホ選手は0-0で迎えた3回表、2死満塁の場面でNCの2番手キム・ゴンテ投手のカーブをレフトスタンドに放り込む先制満塁弾。さらにイ・デホ選手は5回表、センター前へのタイムリーヒットで5打点目を挙げました。

試合は5-5の同点で迎えた9回表、この回の先頭打者、イ・デホ選手の打球は三遊間への深いゴロに。それをショートがファンブルし、全力疾走のイ・デホ選手は一塁セーフとなって珍しい内野安打を記録しました。勝ち越しの走者として出塁したイ・デホ選手は、代走が出てお役御免。ベンチに退きました。

この回ロッテは、イ・デホ選手の足で稼いだヒットを足掛かりに、タイムリーと2本のホームランで5点を挙げて、10-5として勝利しました。

◆「イ・デホ2022年での引退を決意」

イ・デホ選手は昨オフFA権を行使し、ロッテに残留。昨季の年俸はリーグトップの25億ウォン(約2億3250万円)でしたが、再契約の今季は大幅ダウンの8億ウォン(約7472万円)での2年契約。

イ・デホ選手は契約時に「2年の間に韓国シリーズで優勝した後、現役引退したい」とコメントし、優勝した場合のオプションとして1億ウォンを契約内容に加え、それを全額恵まれない人に寄付するとしました。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

サムスンライオンズ戦の8回裏、四球で歩いた4番キム・ジェファン選手の代走で出塁。8番パク・セヒョク選手のタイムリーでホームに生還しました。9回表にはレフトに守備に入っています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇4月6日(火)の結果

・トゥサン 6 - 3 サムスン(チャムシル)

 勝:ホン ゴンヒ

 敗:ペク チョンヒョン

・キウム 4 - 5 KIA(コチョク)

 勝:チョン ヘヨン

 敗:キム ソンギ

・SSG 2 - 1 ハンファ(インチョン)

 勝:パク チョンフン

 敗:キム ジョンス

・KT 2 - 3 LG(スウォン)

 勝:スアレス

 敗:デスパイネ

・NC 5 - 10 ロッテ(チャンウォン)

 勝:ク スンミン

 敗:ウォン ジョンヒョン

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。