29日の韓国KBOリーグのオープン戦は4試合が中止となり、1試合がナイトゲームで行われました。

チャムシル球場で行われたLGツインズとSSGランダーズの対戦は2-1でLGが勝利。LGは25日にトゥサンとの2対2のトレードで獲得した2投手が登板しました。

先発マウンドに上がった左腕のハム・ドクチュ投手は1回表、SSG打線から三者連続の見逃し三振を奪ってスタート。3回を投げて被安打3、無失点、4三振の好投を見せました。

また同じくトゥサンから移籍のチェ・ジソン投手は5回に3番手として登板し、1イニングを打者3人で抑えています。

◆「4球場で黄砂などで中止に」

この日の韓国は各地で黄砂や粒子状物質(PM)、微小粒子状物質(PM2.5)に関する警報や注意報が出たことで、テジョン、テグ、クァンジュ、プサンの4球場で試合が中止となりました。

KBOリーグでは気象に関する警報以上が発令された場合、試合の中止について決定しますが、その項目には強風、猛暑、濃霧、大気汚染物質、黄砂があります。

無観客で行われているオープン戦は、あす30日が最終日です。

黄砂による試合中止を伝える、テグサムスンライオンズパークの大型ビジョン(写真:サムスンライオンズ)
黄砂による試合中止を伝える、テグサムスンライオンズパークの大型ビジョン(写真:サムスンライオンズ)

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

サムスンライオンズとの対戦は黄砂の影響で中止となりました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が1試合の結果です。

◇3月29日(月)のオープン戦の結果

・LG 2 - 1 SSG(チャムシル)

・ハンファ 中 止 キウム(テジョン)

・サムスン 中 止 トゥサン(テグ)

・KIA 中 止 KT(クァンジュ)

・ロッテ 中 止 NC(プサン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球オープン戦日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。