元広島・ピレラ、2戦続けて下手、横手投げからタイムリー<韓国KBOリーグ>

2戦連続タイムリーのホセ・ピレラ(写真:サムスンライオンズ)

26日の韓国KBOリーグのオープン戦は全5試合がデーゲームで行われました。

インチョンSSGランダーズフィールドではSSGランダーズとサムスンライオンズが対戦。サムスンの4番指名打者で先発出場のホセ・ピレラ選手(元広島)は、2-3で1点を追う5回表、1死二塁の場面で、SSGの2番手、横手投げのチャン・ジフン投手からレフト線へタイムリー二塁打を放ちました。

ピレラ選手は4番レフトで出場した前日のSSG戦でも、初回にアンダースローのパク・チョンフン投手からレフト前にタイムリーヒット。2戦続けて下手、横手投げ投手からの適時打となりました。

ピレラ選手のオープン戦4試合の成績は11打数4安打2打点です。

二塁ベース上で言葉を交わす、SSGのジェイミー・ロマック(右、元DeNA)とホセ・ピレラ(写真:サムスンライオンズ)
二塁ベース上で言葉を交わす、SSGのジェイミー・ロマック(右、元DeNA)とホセ・ピレラ(写真:サムスンライオンズ)

◆「トゥサンとLGで2対2のトレード」

25日にトゥサンベアーズとLGツインズで2対2のトレードが発表になりました。トゥサンからは左腕のハム・ドクチュ、右腕のチェ・ジソンの両投手。LGからヤン・ソクファン内野手とナム・ホ投手がそれぞれ移籍です。

トゥサンはサムスンにFA移籍したオ・ジェイル選手の穴を埋める存在として、ヤン・ソクファン選手を獲得。早速、翌26日のLG戦に5番ファーストで先発出場しました。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

LG戦の9回表、チョン・スビン選手の代打で出場したオ・ジェウォン選手に代わって、その裏レフトの守備に入りました。

エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇3月26日(金)のオープン戦の結果

・LG 3 - 7 トゥサン(チャムシル)

・SSG 10 - 10 サムスン(インチョン)

・KT 5 - 6 ハンファ(スウォン)

・KIA 9 - 4 ロッテ(クァンジュ)

・NC 7 - 7 キウム(チャンウォン)

2021年 韓国プロ野球オープン戦日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。