阪神入りのロハス 韓国で対戦を重ねた日本人コーチが認める対応力と長打力。課題は「甲子園」

阪神入りが決まったメル・ロハス・ジュニア外野手(写真:kt wiz)

今年の韓国KBOリーグで本塁打と打点の両部門で1位となり、3年続けて打率3割100打点超えの好成績を残した両打ち打者の阪神入りが25日発表になった。KTウィズのメル・ロハス・ジュニア外野手(30)だ。

2017年6月、KTに途中入団したロハスは4シーズンの間、主にチームのクリーンアップを任され、今季は全144試合中、142試合に出場し打率3割4分9厘(リーグ3位)、47本塁打(1位)、135打点(1位)をマーク。得点もリーグトップの116を記録した。

⇒ 2020年韓国プロ野球個人成績(ストライク・ゾーン)

チームの公式戦2位、初のポストシーズン進出に貢献したロハスはリーグのMVPにも輝いていた。韓国での通算成績は打率3割2分1厘、132本塁打、409打点だ。

韓国で安定した活躍を見せたロハスは、阪神でも期待に応えることができるか。今季までLGツインズのバッテリーコーチを務め、対戦相手の主力打者だったロハスと対峙した芹澤裕二コーチ(元中日、楽天、ヤクルトコーチ。来季からSKワイバーンズコーチ)に訊いた。

芹澤裕二バッテリーコーチ(来季からSK。写真はLG在籍時)
芹澤裕二バッテリーコーチ(来季からSK。写真はLG在籍時)

芹澤コーチには23日に阪神入りが発表になったラウル・アルカンタラ(前トゥサン)についても訊いている。

(関連記事:阪神入りのアルカンタラ 制球力を日本人コーチが絶賛。古巣の担当者が語る成功のカギは「対話」

日本でも期待される対応力と長打力

芹澤コーチが所属したLGは今季、ロハスに痛い目にあった。ロハスの対LG戦の打率は4割4分3厘で他の9球団を大きく上回り、ホームランもLGから最も多い9本を放っている。芹澤コーチはこう振り返る。

「去年(2019年)までのロハスは左打席の時に、ひざ元のスライダーを意識させて真っ直ぐで抑えていきましたが、今年はそのスライダーでホームランを打てるようになっていました。相手の攻めを読んでスライダーに狙いを絞ったのだと思います」

ロハスは相手チームが厳しく警戒する中、対応力を見せて好結果へとつなげていった。

一時はシーズン50本ペースでホームランを量産したロハス。日本でもその力は発揮されるだろうか。

「左打席では長打は出ると思います。でも甲子園は浜風(ライトからレフトに吹く、左打者に不利と言われる風)があるので、ロハスがどうなるかというのはその点だけですね」(芹澤コーチ)

ロハスが所属したKTの本拠地・スウォンKTウィズパークは中堅120m、両翼98m。韓国の球場の中で広い方ではなく、ロハスは今季、47本塁打中26本をスウォンで放っている。

それを踏まえて芹澤コーチは「今年ほどは打たないでしょうが、30本近くは打つのではないでしょうか」とロハスの実力を認めている。

一方でロハスは三振の数も多く、今年は132個(6位)だった。その点について芹澤コーチは「(長打力のある選手なので)しょうがないところでしょう」と話した。

両打ちのロハスは右打席でも好成績を残している(写真:kt wiz)
両打ちのロハスは右打席でも好成績を残している(写真:kt wiz)

足と守備も魅力。問題は阪神特有の…

ロハスの魅力は長打力だけではない。

「今年は走ってこなかったですが(盗塁企図数1回)、足も速いです」(芹澤コーチ)

ロハスは2番打者に座ることも多かった2018年に18盗塁を記録。成功率は58.1%と高くなかったが、単独スチールが減ったこの2年でも走者、打者走者として積極的な走りを見せている。

積極的な走塁も魅力のロハス(写真:kt wiz)
積極的な走塁も魅力のロハス(写真:kt wiz)

さらに芹澤コーチは「外野の守備もうまいと思いますよ。試合の終盤に(打者によって)打球がよく飛ぶレフトに、ライトから守備位置が代わることもありますからね」と話した。

長打力と今季2位の192安打を残した出塁能力、そして足と守備力も備えたロハス。KBOリーグから阪神に活動の場を移すにロハスについて芹澤コーチは「問題は浜風だけだと思います。左バッターにとって浜風はキツいですから」と繰り返し口にし、プレーヤーとして持つ能力については太鼓判を押した。

(関連記事:やっぱりロハスだ延長11回に37号決勝2ラン 3年連続の100打点に到達