【韓国シリーズ】若きエースが抑えて老練捕手が一発で援護 NCが初制覇に王手<韓国KBOリーグ>

一発後にク・チャンモと抱擁のヤン・ウィジ(写真:NCダイノス/初報から差し替え)

23日の韓国KBOリーグは韓国シリーズ第5戦が行われ、NC(公式戦1位)がトゥサン(3位)に勝利し、対戦成績を3勝2敗として初のシリーズ制覇に王手をかけました。

2勝2敗のタイで迎えたこの試合も第4戦に続いて投手戦に。NCク・チャンモ、トゥサンがクリス・フレクセンの両先発投手が4回まで無失点と好投します。

均衡を破ったのはNC。5回裏、四球と内野ゴロで二塁に進んだ走者を置いて、8番アーロン・アルテール選手がセンター前にタイムリーヒットを放って1-0としました。

NCは6回裏、1死一塁で4番ヤン・ウィジ選手がセンターへ2ランホームランを放ち3-0に。若きエースをリードする正捕手でチームの主将が価値ある一発を放ちました。

NCは7回にも3番ナ・ソンボム選手のこの日3本目のヒットがタイムリーになるなど、2点を追加して5-0として逃げ切り勝利。初の韓国シリーズ制覇まであと1勝としました。

NCの先発、23歳エースのク・チャンモ投手は7回0/3、97球を投げて被安打5、無失点。早いカウントで追い込む安定したコントロールと、打者ごとに球種、配球を変えるヤン・ウィジ捕手の巧みなリードでトゥサン打線を抑えました。

第6戦は24日18時30分からコチョクスカイドームで行われます。予告先発はNCがドリュー・ルチンスキー、後がないトゥサンはラウル・アルカンタラの両外国人投手です。

⇒ KBOリーグポストシーズン日程表(ストライク・ゾーン)

◆「第6戦から再び観客数縮小へ」

韓国政府のソーシャルディスタンス強化レベルが24日の0時に1.5から2に引き上げられることになり、24日以降に行われる韓国シリーズ6、7戦の観客数も縮小となりました。

販売済みのチケットはすべて自動キャンセルとなり、23日14時から再販売されました。今回の入場可能人数は収容人員の10%までで、最大1,670人となります。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

韓国シリーズ第5戦での出場機会はありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

◇11月23日(月)の結果

・NC 5- 0 トゥサン(コチョク)

 韓国シリーズ 第5戦

 勝:ク チャンモ

 敗:フレクセン

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。