【韓国シリーズ】20歳と21歳の両先発の投手戦 NCが好機生かしてタイに持ち込む<韓国KBOリーグ>

決勝打を放ったヤン・ウィジ(写真:NCダイノス/初報から差し替え)

21日の韓国KBOリーグは韓国シリーズ第4戦が行われました。

NC(公式戦1位)とトゥサン(3位)の対戦は、NCが勝利し2勝2敗のタイに持ち込んでいます。

前日23時近くまでナイトゲームを行った翌日、14時開始のデーゲームで行われた第4戦。

トゥサンはプロ3年目、シーズン中は主にリリーフで登板の21歳キム・ミンギュ投手が先発。NCはシーズン終盤先発として活躍し、9勝を挙げた20歳のソン・ミョンギ投手が先発マウンドに上がりました。

両投手とも力あるボールでフライの山を築き、ピンチらしいピンチを招くことなく、5回まで0点に抑えます。

トゥサンのキム・ミンギュ投手は6回表1死で、この日4本目のヒットを喫した71球目を投げたところで交代。イ・ヨンハ投手にマウンドを託しました。

NCは本調子とは言えないイ・ヨンハ投手に対し、2死二塁で4番ヤン・ウィジ選手がライトへ先制のタイムリーヒット。続く5番カン・ジンソン選手が二者連続の適時打を放ち、2-0としました。

NCは9回表に1点を追加しリードを広げ、最後は7回途中から登板のドリュー・ルチンスキー投手が締めてゲームセット。3-0で勝利しました。

トゥサン打線はNC投手陣に対し散発の3安打。その3本すべてが2、3戦のヒーロー、キム・ジェホ選手が放ったヒットでした。

韓国シリーズは休養日を挟み、第5戦は23日にコチョクスカイドームで行われます。5戦以降はNCのホームゲームとなります。

⇒ KBOリーグポストシーズン日程表(ストライク・ゾーン)

◆「KT2軍監督にソ・ヨンビン氏」

KTウィズは来季の2軍監督に、元LGコーチで野球解説者のソ・ヨンビンさんが就任すると発表しました。

ソ・ヨンビンさんは2014年に中日の2軍でコーチ研修を行った経験があります。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

韓国シリーズ第4戦での出場機会はありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

◇11月21日(土)の結果

・トゥサン 0- 3 NC(コチョク)

 韓国シリーズ 第4戦

 勝:ソン ミョンギ

 敗:キム ミンギュ

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。