【韓国シリーズ】35歳のミスタースマイルが2戦続けて活躍 トゥサンが接戦制し連勝<韓国KBOリーグ>

2戦続けて活躍のキム・ジェホ(写真:トゥサンベアーズ/初報から差し替え)

20日の韓国KBOリーグは韓国シリーズ第3戦が行われました。

1勝1敗で迎えたNC(公式戦1位)とトゥサン(3位)の対戦は、トゥサンが接戦を制して、対戦成績を2勝1敗としています。

試合はNCが初回に3番ナ・ソンボム選手のソロアーチで先制。しかしトゥサンも2回裏、5番ホセ・フェルナンデス選手の2試合連続アーチで追いつき、8番パク・コンウ選手の内野ゴロで三塁走者が生還して2-1とこの回逆転に成功します。

するとNCも 3回表に2点を挙げて再度リードを奪うと、その裏トゥサンが3点を挙げて5-3として再逆転しました。

しかしNCも4回表に3点を挙げて三たび主導権を握ります。

5-6で1点を追うトゥサンは2死三塁で、5番ホセ・フェルナンデス選手が放った内野ゴロをショートがトンネル。トゥサンが相手のミスで6-6の同点としました。

トゥサンは7回裏、2死一、三塁で、3回に2点タイムリーを放っている6番キム・ジェホ選手に打順が回ります。この場面でキム・ジェホ選手はセンター前にこの日3打点目となる適時打。7-6と勝ち越しに成功しました。

トゥサンはリリーフ陣がこの1点のリードを守って7-6で勝利しています。

第2戦で自身37試合目の韓国シリーズで初アーチを放つなど、2安打2打点を記録したキム・ジェホ選手はこの日は決勝打。笑顔を絶やさない35歳が2戦続けて活躍し、チームを勝利に導きました。

21日の第4戦もコチョクスカイドームで行われ、予告先発はトゥサンがキム・ミンギュ投手、NCがソン・ミョンギ投手。14時開始のデーゲームでの開催です。

⇒ KBOリーグポストシーズン日程表(ストライク・ゾーン)

◆「KIA、11勝助っ投と再契約」

KIAはアーロン・ブルックス投手と、年俸100万ドル(約1億380万円)で再契約したと発表しました。

ブルックス投手はアメリカの家族の交通事故により9月下旬に帰国するまで、23試合に登板し11勝4敗、防御率2.50(リーグ3位)という好成績を残しています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

韓国シリーズ第3戦での出場機会はありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

◇11月20日(金)の結果

・トゥサン 7 - 6 NC(コチョク)

 韓国シリーズ 第3戦

 勝:パク チグク

 敗:イム ジョンホ

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。