【プレーオフ】投手戦の決着は9回に トゥサンが代打のひと振りで先手を取る<韓国KBOリーグ>

決勝タイムリーのキム・インテ(写真:トゥサンベアーズ/初報から差し替え)

9日の韓国KBOリーグはKTウィズ(公式戦2位)とトゥサンベアーズ(準プレーオフ勝者)のプレーオフ第1戦が行われました。

KTが高卒ルーキーのソ・ヒョンジュン、トゥサンは準プレーオフで快投を見せたクリス・フレクセンの両投手が先発。共に6回まで無四球無失点の好投を見せ、終盤に突入しました。

ゲームが動いたのは両先発投手がマウンドを降りた後の8回の攻撃。トゥサンが4番キム・ジェファン選手、5番ホ・ギョンミン選手の連続タイムリーで、2-0と均衡を破ります。

するとその裏、KTも4番ユ・ハンジュン選手の2点タイムリーで同点に追いつきました。

2-2で迎えた9回表、トゥサンは7番からの攻撃でヒットと盗塁、送りバントで1死三塁のチャンスを作ると、代打のキム・インテ選手が前進守備のセカンドの右を抜く、鋭い打球のライト前ヒット。三塁走者が生還して、勝ち越しに成功しました。

1点をリードしたトゥサンは、8回裏途中から登板の2番手イ・ヨンハ投手が9回は0点に抑えてゲームセット。5戦3勝制のプレーオフ初戦を制しました。

⇒ KBOリーグポストシーズン日程表(ストライク・ゾーン)

◆「引退、監督人事の知らせ続々と」

準プレーオフ終了後、大物選手の引退や監督人事に関してのニュースが続きました。準プレーオフでトゥサンに敗れたLGのチョン・グンウ内野手が引退を発表。トゥサンからはクォン・ヒョク投手、チョン・サンホ捕手もユニフォームも脱ぎます。

LGはリュ・ジュンイル監督が辞任を表明。SKは新監督に今季トゥサンで投手コーチを務めた、キム・ウォンヒョンさんが就任しました。LGの芹澤裕二バッテリーコーチはLGを退団し、10年ぶりにSKのユニフォームを着ます。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

プレーオフ第1戦の9回表、代打で決勝のタイムリーヒットを放ったキム・インテ選手の代走として出場。9回裏からライトの守備に入りました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

◇11月9日(月)の結果

・KT 2- 3 トゥサン(コチョク)

 プレーオフ 第1戦

 勝:イ ヨンハ

 敗:キム ジェユン

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。