【準プレーオフ】首都ライバル対決は外国人が投打に活躍のトゥサンが先勝で王手<韓国KBOリーグ>

フレクセンとフェルナンデス(写真:トゥサンベアーズ/初報から差し替え)

4日の韓国KBOリーグは公式戦3位のトゥサンベアーズとワイルドカード決定戦を勝ち上がった4位のLGツインズの準プレーオフ第1戦が行われました。

首都ソウルのチャムシル球場を本拠地にする両チームが、ポストシーズンで顔を合わせるのは7年ぶりです。

試合はトゥサンが先制。初回に先頭打者が死球で出塁すると、2番ホセ・フェルナンデス選手がライトへ2ランホームランを放ち、2-0としました。

リードを得たトゥサンの先発クリス・フレクセン投手は、最速155キロのストレートと長身からの落差あるカーブでLG打線を手玉に取り、6回106球を投げて散発の4安打。奪った三振は11個でうち9つが空振り三振でした。

トゥサンは4、6回と先頭打者が四球で歩くと、いずれも9番オ・ジェウォン選手のタイムリーでホームに還り、2点を追加。

そのまま逃げ切ったトゥサンが4-0で準プレーオフの初戦を取りました。

例年の準プレーオフは先に3勝した方がプレーオフ進出となりますが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が遅れたため、2勝で決着となります。

⇒ KBOリーグポストシーズン日程表(ストライク・ゾーン)

◆「イ・ボムホ、来季からKIAコーチに」

2010年にハンファからFA移籍でソフトバンク入りし、翌11年に帰国。昨季までKIAでプレーしたイ・ボムホ元内野手が、来季からKIAの2軍総轄コーチに就任することが同球団から発表されました。

昨年ソフトバンク、今春フィリーズでのコーチ研修を経ての古巣復帰です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

準プレーオフ第1戦での出場機会はありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

◇11月4日(水)の結果

・トゥサン 4- 0 LG(チャムシル)

 準プレーオフ 第1戦

 勝:フレクセン

 敗:イ ミンホ

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。