再び2位と3位が入れ替わり 2~5位の順位の行方は144試合目の最終決戦へ<韓国KBOリーグ>

ユ・ヒグァン(写真:トゥサンベアーズ)

29日の韓国KBOリーグは3試合がナイトゲームで行われました。

3位KTウィズがハンファイーグルスに勝利し、再び2位に浮上。LGツインズが3位に後退しました。

5位トゥサンベアーズはKIAタイガースに勝って3連勝。先発のスローボール左腕ユ・ヒグァン投手が10勝目(11敗)を挙げて、8年連続2ケタ勝利となりました。

順位が確定していない2~5位の4チームは30日に、公式戦最終戦となる144試合目を迎えます。

KTはあすの最終戦で勝てば2位で公式戦を終了。4位キウムヒーローズを0.5ゲーム差で追う5位トゥサンはキウムに勝って、さらに3位LGがSKワイバーンズに敗れると3位まで順位を上げることができます。

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

◆「現役引退の知らせ続々と」

SKのユン・ヒサン投手、サムスンライオンズのクォン・オジュン投手が今季限りでの現役引退を明らかにし、30日の最終戦でマウンドに上がります。ユン・ヒサン投手はLG戦に先発登板し、打者1人に対して投げる予定です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

KIAタイガース戦の8回表に4番キム・ジェファン選手の代走で出場。その裏からレフトの守備に入りました。9回裏には守備位置をライトに移しました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が3試合の結果です。

◇10月29日(木)の結果

・ハンファ 1- 12 KT(テジョン)

 勝:ソ ヒョンジュン

 敗:オ ドンウク

・KIA 2- 9 トゥサン(クァンジュ)

 勝:ユ ヒグァン

 敗:ヤン ヒョンジョン

・ロッテ 4- 11 NC(プサン)

 勝:ルチンスキー

 敗:イ スンヒョン

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。