ブキャナン(元ヤクルト)好投も味方のエラーで6回1失点 0-1で敗れて7敗目<韓国KBOリーグ>

6回1失点(自責点0)で7敗目を喫したブキャナン(写真:サムスンライオンズ)

10日の韓国KBOリーグはダブルヘッダー1カードを含む、全6試合が行われました。

テグサムスンライオンズパークのサムスンライオンズ-ロッテジャイアンツは、サムスンがデービッド・ブキャナン投手、ロッテがイ・スンホン投手の先発で始まりました。

両投手とも4回まで無失点ピッチング。出した走者はどちらもヒット、四球ひとつずつで、テンポ良くゲームが進みます。

ロッテは二塁打の走者を置いた2死二塁の場面で、9番ディクソン・マチャド選手の打球はサードへのゴロ。この打球が三塁手の前で高く弾み、つかみ損ねる三塁手のエラーとなって、二塁走者が生還しました。

1-0としたロッテは、イ・スンホン投手が7回3安打無失点でリードを守り、リリーフ陣が8、9回とサムスン打線を三者凡退に抑えてゲームセット。ロッテが僅差のゲームをものにしました。

ロッテの先発イ・スンホン投手は3連勝で3勝目(1敗)。チームの連敗を3で止めました。

一方、サムスンの先発ブキャナン投手は6回99球、4安打1四球。味方のエラーによる1失点(自責点0)で負け投手となっています。ここまでの成績は14勝7敗、防御率は3.54です。

◆「チェ・ウンソン(LG)3打席連続弾で7打点」

LGツインズのチェ・ウンソン選手が首位NCダイノスとのダブルヘッダー第2試合で3打席連続ホームラン。7打点を記録しました。

3位のLGはダブルヘッダー2試合をいずれも勝利し5連勝。2位のKTウィズが敗れたため2位に浮上しています。敗れたNCは4連敗です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

KTウィズ戦の5回裏、7番チョン・スビン選手に代わってセンターの守備に。6回表1死一塁で打順が回り、見逃し三振でした。8回表には1死一塁で一塁手のミットを弾くライト前ヒットを放っています。チームは勝利し3連勝です。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全6試合の結果です。

◇10月10日(土)の結果

・LG 5- 0 NC(チャムシル)

 勝:チン ヘス

 敗:ルチンスキー

・LG 9- 5 NC(チャムシル)

 勝:キム ユンシク

 敗:パク チョンス

・KT 8- 13 トゥサン(スウォン)

 勝:キム ガンリュル

 敗:クエバス

・ハンファ 0- 3 キウム(テジョン)

 勝:ブリガム

 敗:パク チュホン

・サムソン 0- 1 ロッテ(テグ)

 勝:イ スンホン

 敗:ブキャナン

・KIA 1- 2 SK(クァンジュ)

 勝:イ テヤン

 敗:チョン ヘヨン

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。