さすが4番だ先制2ランと決勝2ラン含む5打点 チームの連敗を4で止める<韓国KBOリーグ>

決勝2ランをライトに放ったチェ・ヒョンウ(写真:KIAタイガース)

7日の韓国KBOリーグはダブルヘッダー1カードを含む、全6試合が行われました。

クァンジュKIAチャンピオンフィールドのKIAタイガース-ハンファイーグルスのダブルヘッダー第1試合は、4連敗中のKIAが、初回に4番チェ・ヒョンウ選手の20号2ランで2点を先制します。

KIAは3回にもチェ・ヒョンウ選手のタイムリーで1点を追加し、3-0とリードを広げました。

しかしKIAは6、7、8回と連続失点し、3-4と逆転されます。

追うKIAは8回裏、2番キム・ソンビン選手の1号ソロで同点に追いつくと、無死一塁で4番に打順が回りました。

この場面でチェ・ヒョンウ選手はライトへ21号勝ち越し2ラン。この日3安打5打点、打率3割4分7厘で首位打者争いに食い込む主砲の活躍でKIAが6-4で勝利し、連敗を4で止めています。

◆「今季の公式戦は10月30日に終了」

雨天中止により未編成だった34試合分の日程が決まり、今季の公式戦は10月30日で終了する予定となりました。

ポストシーズンの日程は今後発表になりますが、雨天などによりポストシーズンに進出しないチーム同士の試合が順延した場合、そのカードはポストシーズン期間中に行われる可能性もあります。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

SKワイバーンズ戦での出場機会はありませんでした。試合は4-4で迎えた9回裏、SKチェ・ジョン選手のソロアーチでサヨナラ負けしています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全6試合の結果です。

◇10月7日(水)の結果

・LG 3- 1 サムスン(チャムシル)

 勝:チェ ドンファン

 敗:ノ ソンホ

・キウム 3- 4 NC(コチョク)

 勝:ソン ミョンギ

 敗:チェ ウォンテ

・SK 5- 4 トゥサン(インチョン)

 勝:ソ ジンヨン

 敗:イ ヨンハ

・KIA 6- 4 ハンファ(クァンジュ)

 ダブルヘッダー第1試合

 勝:パク チュンピョ

 敗:チョン ウラム

・KIA 0- 5 ハンファ(クァンジュ)

 ダブルヘッダー第2試合

 勝:キム イファン

 敗:キム ヒョンス

・ロッテ 6- 9 KT(プサン)

 勝:チョン ユス

 敗:キム ゴングク

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。