史上初、満塁ホームランを含むサイクルヒット プロ7年目で初の三塁打で達成<韓国KBOリーグ>

サイクルヒットを達成したオ・ユンソク(写真:ロッテジャイアンツ)

秋夕(チュソク)連休最終日、4日の韓国KBOリーグは全5試合が14時開始のデーゲームで行われました。

プサンサジク球場のロッテジャイアンツ-ハンファイーグルスはロッテが14-5で勝利。ロッテの1番打者オ・ユンソク選手がサイクルヒットを達成しました。

オ・ユンソク選手は1打席目に左中間への二塁打を放つと、2回裏の2打席目、2死二塁でレフトへタイムリーヒットを放ちます。

さらに3回には1死満塁でレフトへ3号満塁ホームラン。そしてサイクルヒットにリーチがかかった5回の4打席目、無死一塁で右中間へタイムリー三塁打。KBOリーグ史上27度目、今季2人目のサイクルヒットを達成しました。

3号満塁ホームランを放ったオ・ユンソク(写真:ロッテジャイアンツ)
3号満塁ホームランを放ったオ・ユンソク(写真:ロッテジャイアンツ)

なお、満塁ホームランを含むサイクルヒット達成は史上初。4打席目での達成は7度目、最速となる5回の攻撃での達成は2度目とのことです。

オ・ユンソク選手はプロ7年目の28歳。複数のポジションをこなせる内野手として今季は45試合に出場し、ホームランは前日に続く2試合連続で通算5本目でした。そして三塁打を記録したのは、プロ入り以来この日が初めてです。

オ・ユンソク選手は5打席目にもヒットを放ち、5打数5安打7打点を記録しています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

KIAタイガース戦の8回表、4番キム・ジェファン選手に代わって、レフトの守備に入りました。トゥサンベアーズは大事なKIA戦を3連勝しています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。5日は試合がありません。

◇10月4日(日)の結果

・トゥサン 7- 1 KIA(チャムシル)

 勝:ハム ドクチュ

 敗:イム ギヨン

・SK 6- 0 キウム(インチョン)

 勝:ムン スンウォン

 敗:ブリガム

・KT 8- 13 LG(スウォン)

 勝:ソン ウンボム

 敗:ハ ジュンホ

・ロッテ 14- 5 ハンファ(プサン)

 勝:サンプソン

 敗:パク チュホン

・NC 4- 1 サムソン(チャンウォン)

 勝:ルチンスキー

 敗:チャン ピルチュン

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。