リーグ屈指のアンダースロー、苦しみながら2ケタ到達/安田権守2安打<韓国KBOリーグ>

3度目の2ケタとなる10勝目を挙げたパク・チョンフン(写真:SKワイバーンズ)

秋夕(チュソク)連休4日目、3日の韓国KBOリーグは14時開始の5試合と、ナイトゲームで行われたダブルヘッダー2試合の計7試合が行われました。

インチョンSK幸福ドリーム球場のSKワイバーンズ-キウムヒーローズは9-3でSKが勝利。SKは連敗を4で止めています。

SKの先発、アンダースローのパク・チョンフン投手は4、5回だけで6つの四死球を与える苦しい投球内容でしたが、失点は4回の押し出し四球での1点のみ。5回を投げて110球、被安打4で勝利投手になりました。

パク・チョンフン投手は10勝目(10敗)。9位に低迷するチームで唯一の2ケタ勝利、2年ぶり3度目の2ケタ到達です。

◆「今季4度目のトリプルプレー」

KTウィズ-LGツインズのダブルヘッダー第2試合、2回裏無死一、二塁で6番パク・キョンス選手はサードゴロ。5-4-3とボールが転送され、トリプルプレーとなりました。KBOリーグでは今季4度目のトリプルプレーです。

パク・キョンス選手はその後も走者を置いて打席が回り、次の打席は満塁の場面で併殺打。三塁走者が生還し、その次の打席は三塁にランナーを置いて犠牲フライでした。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

KIA戦の3回表、9番チョン・スビン選手に代わり、センターの守備に入りました。3回裏、1死一塁の打席でサード前のゴロが内野安打となって出塁。5回裏にも1死一塁で三遊間を破るヒットを放っています。7回裏の3打席目は2死ランナーなしでレフトフライでした。

アン・グォンス選手は5月10日以来、自身2度目のマルチヒットを記録です。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全7試合の結果です。

◇10月3日(土)の結果

・トゥサン 7- 2 KIA(チャムシル)

 勝:フレクセン

 敗:イ ミンウ

・SK 9- 3 キウム(インチョン)

 勝:パク チョンフン

 敗:ハン ヒョンヒ

・KT 2- 7 LG(スウォン)

 ダブルヘッダー第1試合

 勝:ケリー

 敗:キム ミンス

・KT 12- 2 LG(スウォン)

 ダブルヘッダー第2試合

 勝:ソ ヒョンジュン

 敗:キム ユンシク

・ロッテ 10- 0 ハンファ(プサン)

 勝:イ スンホン

 敗:チャン シファン

・NC 6- 6 サムソン(チャンウォン)

 ダブルヘッダー第1試合

 勝:

 敗:

・NC 12- 2 サムソン(チャンウォン)

 ダブルヘッダー第2試合

 勝:パク チョンス

 敗:ウォン テイン

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。