人的補償で移籍入団の20歳右腕 プロ初先発で5回零封初勝利飾る<韓国KBOリーグ>

プロ初先発初勝利を挙げたキム・ヒョンス(写真:KIAタイガース)

秋夕(チュソク)連休2日目、10月1日の韓国KBOリーグは全5試合が14時開始のデーゲームで行われました。

コチョクスカイドームのキウムヒーローズ-KIAタイガースは、初回から小刻みに得点したKIAが3-1で勝利。4連勝を飾っています。敗れたキウムは4連敗です。

プロ初先発となったKIAのキム・ヒョンス投手はキウム打線に対し、5回を投げて被安打3、無失点。伸びのあるストレート、落差大きいカーブがいずれもコントロール良く、7つの三振を奪いました。

キム・ヒョンス投手はロッテジャイアンツにFA移籍した、アン・チホン内野手の人的補償として今年KIA入り。高卒2年目、今季11度目の登板で、プロ初先発初勝利を飾りました。

ちなみのこの試合の球審は「韓国の敷田卍」イ・ヨンヒョク審判員。見逃し三振のたびに切れのある卍ポーズが飛び出しました。

(関連記事:「卍ポーズ」は海を越える 敷田球審の「見逃し三振コール」に魅せられた韓国と台湾の審判たち

◆「し烈な2位以下の争い」

この日、首位NCダイノスが11連勝。独走態勢に入る一方で、2位以下の争いがし烈です。あす2日は5位KIAと1ゲーム差で追う6位トゥサンベアーズが対戦。4位LGツインズは2ゲーム差で2位のKTウィズと顔を合わせます。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

ハンファイーグルス戦の5回裏、途中から出場の4番キム・インテ選手に代わってレフトの守備に。8回表無死で打席が回り、結果はショートゴロでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇10月1日(木)の結果

・LG 2- 3 ロッテ(チャムシル)

 勝:ノ ギョンウン

 敗:イム チャンギュ

・キウム 1- 3 KIA(コチョク)

 勝:キム ヒョンス

 敗:チェ ウォンテ

・ハンファ 12- 4 トゥサン(テジョン)

 勝:ユン デギョン

 敗:ユ ヒグァン

・サムスン 7- 6 KT(テグ)

 勝:ノ ソンホ

 敗:ハ ジュンホ

・NC 10- 2 SK(チャンウォン)

 勝:ソン ミョンギ

 敗:ピント

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。