育成出身の3年目がプロ初アーチ 貴重な追加点となる一発を放つ<韓国KBOリーグ>

プロ初アーチを放ったピョン・サングォン(写真:キウムヒーローズ)

27日の韓国KBOリーグは14時開始のデーゲーム5試合と、ダブルヘッダー第2試合の計6試合が行われました。

チャムシル球場のトゥサンベアーズ-キウムヒーローズは14時からダブルヘッダー第1試合が行われ、キウムが2-2で迎えた8回表に5点を挙げて勝ち越しに成功。7-3で勝利しました。

キウムは8回表、1死二塁での3番ソ・ゴンチャン選手のセンター前ヒットが決勝打に。4番イ・ジョンフ選手がタイムリー二塁打で続いて、リードを2点に広げました。

さらに2死一、二塁で、前の回からセンターの守備に入っていた7番ピョン・サングォン選手が、ライトへ1号3ランホームラン。育成から昇格したプロ3年目のピョン・サングォン選手のプロ初アーチが、チームの勝利を決定づける貴重な追加点となりました。

◆「今月だけで3本目のサヨナラ打」

KTウィズのペ・ジョンデ選手はLGツインズ戦で、9回裏にサヨナラヒットを放ちました。ペ・ジョンデ選手のサヨナラ打は今月3度目で、月間最多サヨナラ打の新記録です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

キウムとのダブルヘッダー第1試合の7回裏、代打で登場し出塁したパク・コンウ選手の代走として出場。盗塁を試みるも失敗し、そのまま退きました。

第2試合では6回表、4番キム・ジェファン選手に代わってレフトの守備に入りました。7回裏、無死一、二塁で打順が回り、投前犠打を成功しています。

レフトの守備では左打者のレフト線に切れていくフライを好捕し、第2試合の最後のアウトをつかみました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全6試合の結果です。

◇9月27日(日)の結果

・トゥサン 3- 7 キウム(チャムシル)

 勝:アン ウジン

 敗:イ ヒョンスン

・トゥサン 6- 1 キウム(チャムシル)

 勝:ホン ゴンヒ

 敗:ユン ジョンヒョン

・KT 5- 4 LG(スウォン)

 勝:イ ボグン

 敗:コ ウソク

・ハンファ 4- 5 NC(テジョン)

 勝:イ ジェハク

 敗:チャン シファン

・サムスン 1- 12 SK(テグ)

 勝:パク チョンフン

 敗:ウォン テイン

・KIA 2- 1 ロッテ(クァンジュ)

 勝:パク チュンピョ

 敗:パク チンヒョン

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。