李大浩が口火切り4回までに15得点 釜山ロッテが大勝で連敗を3で止める<韓国KBOリーグ>

先制打を含む3打点のイ・デホ(写真:ロッテジャイアンツ)

26日の韓国KBOリーグは全5試合が17時開始で行われました。

クァンジュKIAチャンピオンズフィールドのKIAタイガース-ロッテジャイアンツは、1回表、ロッテが1死一、二塁で4番イ・デホ選手がライトへタイムリーヒット。1点を先制すると四球でチャンスを広げてこの回7点を挙げます。

ロッテは2回に1点を追加し、3回にもイ・デホ選手のタイムリー二塁打などで一挙6得点。次の回にも1点が入り4回までに15点を記録しました。

試合は16-3でロッテが勝利し、連敗を3でストップ。先制打を放ったイ・デホ選手は2安打3打点。先発のイ・スンホン投手はプロ3年目で初勝利を挙げています。

◆「初物づくしの1日」

サムスンライオンズのキム・ホジェ選手はSKワイバーンズ戦の8回裏、プロ7年目で初ホームラン。ロッテのカン・テユル選手(6月にカン・ドングァンから改名)も8回表にプロ6年目で初アーチを記録し、初物づくしの一日となりました。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

8回表、1番パク・コンウ選手に代わってライトの守備に入りました。8月12日以来の1軍出場です。試合はキウムヒーローズに4-0で勝利しています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇9月26日(土)の結果

・トゥサン 4- 0 キウム(チャムシル)

 勝:アルカンタラ

 敗:イ スンホ

・KT 1- 3 LG(スウォン)

 勝:チェ ドンファン

 敗:チョン ユス

・ハンファ 1- 13 NC(テジョン)

 勝:ライト

 敗:キム ミンウ

・サムスン 8- 2 SK(テグ)

 勝:シム チャンミン

 敗:キム テフン

・KIA 3- 16 ロッテ(クァンジュ)

 勝:イ スンホン

 敗:イ ミンウ

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。