助っ人右腕にあわやノーヒットノーランの危機も トゥサン1安打1-0で勝利<韓国KBOリーグ>

チーム唯一のヒットが決勝打となったキム・ジェファン(写真:トゥサンベアーズ)

24日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

チャムシル球場のトゥサンベアーズ-サムスンライオンズは、サムスンの先発ベン・ライブリー投手が7回までトゥサン打線を味方の3失策と2四球に抑える無失点ピッチング。ヒットを1本も許さず、ノーヒットノーラン達成まであと2回に迫りました。

しかしサムスン打線も7回まで得点を挙げられず、0-0で8回に突入。7回まで108球を投げたライブリー投手は8回のマウンドには上がらず、サムスンは8回裏の守りで、2番手以降の投手が2四球で2死一、三塁のピンチを招きました。

この場面でトゥサンは4番キム・ジェファン選手がセンター前ヒット。この日のチーム初安打が、均衡を破る貴重なタイムリーヒットとなりました。

1-0としたトゥサンは9回表の守りを3番手のイ・ヨンハ投手が0点で締めてゲームセット。トゥサンはノーヒットノーランの危機を脱し、1安打で勝利を収めました。1安打での勝利はリーグ4度目。敗れたサムスンは3連敗です。

◆「もしノーノーを達成していたら」

KBOリーグでは過去14度、ノーヒットノーランが記録されていますが、この10年間の達成者4人はいずれも外国人投手です。直近ではサムスンに在籍したデック・マグワイア投手が昨年4月に記録。もしライブリー投手がこの日達成していたら、5人続けての外国人投手、サムスンから連続輩出となっていました。

なお、KBOリーグでは1982年の発足以来、完全試合が一度も達成されていません。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

この日、サムスン戦での出場機会はありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇9月24日(木)の結果

・トゥサン 1- 0 サムスン(チャムシル)

 勝:イ スンジン

 敗:キム ユンス

・キウム 6- 1 SK(コチョク)

 勝:ヨキッシュ

 敗:イ ゴンウク

・KT 3- 5 KIA(スウォン)

 勝:ホン サンサム

 敗:ハ ジュンホ

・ハンファ 7- 4 ロッテ(テジョン)

 勝:キム ジンヨン

 敗:チェ ジュンヨン

・NC 12- 8 LG(チャンウォン)

 勝:キム ジンソン

 敗:チェ ドンファン

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。