最下位ハンファ、打者全員の16三振喫するも わずかなチャンスを生かして勝利<韓国KBOリーグ>

7号3ランを含む、4打点のソン・グァンミン(写真:ハンファイーグルス)

22日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

ハンファ生命イーグルスパークのハンファイーグルス-トゥサンベアーズは、トゥサンの先発クリス・フレクセン投手が、3回2死まですべてのアウトを三振で奪う快投。

しかしハンファは4回に1点を先制し、さらに7番ソン・グァンミン選手の7号3ランで4-0としました。投げてはハンファの先発チャン・シファン投手が6回1失点と好投し、リードを守ったハンファが5-1で勝利しています。

一発を放ったソン・グァンミン選手は、8回にもタイムリーヒットを放ちこの日4打点。いずれも逆方向となるライトへの当たりでした。

トゥサンのフレクセン投手は6回4失点で負け投手になるも、ハンファの先発打者全員から13奪三振。リリーフ陣も途中出場の打者2人から三振を奪いました。

ハンファはこの日打席に入った11人全員が三振し、計16三振を喫するも勝利を収めています。

※フレクセン投手(トゥサン)が記録した先発全員奪三振は今季初、史上30度目。

◆「KIAブルックス、家族が交通事故で帰国」

KIAのアーロン・ブルックス投手は、家族が乗った車が交通事故に巻き込まれたため、看病のためアメリカに帰国しました。球団によると相手車両の信号無視が原因で、車には妻と2人の子供が乗っていたとのことです。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

この日、ハンファ戦での出場機会はありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇9月22日(火)の結果

・LG 7- 2 SK(チャムシル)

 勝:ケリー

 敗:パク チョンフン

・ハンファ 5- 1 トゥサン(テジョン)

 勝:チャン シファン

 敗:フレクセン

・KIA 0- 2 キウム(クァンジュ)

 勝:ハン ヒョンヒ

 敗:ヤン ヒョンジョン

・ロッテ 8- 0 KT(プサン)

 勝:ストレイリー

 敗:キム ミンス

・NC 3- 2 サムスン(チャンウォン)

 勝:キム ジンソン

 敗:シム チャンミン

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。