16日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

ハンファ生命イーグルスパークのハンファイーグルス-LGツインズは、LGが初回に5点を先制し、4回までに11点を挙げて、11-5で勝利しました。

LGは1回表、4番キム・ヒョンス選手が1死一、二塁で右中間へ先制のタイムリー二塁打。

キム・ヒョンス選手は2回の2打席目にも二者を置いて、左中間へ2点二塁打を放ち、4回の3打席目もランナーを二人置いた場面で、今度はライトへ二塁打を放ちました。

3打席連続の2点タイムリー二塁打で、3安打6打点をマークしたキム・ヒョンス選手の活躍でLGは連敗を4で止めています。

◆「粘りのNC、またも首位死守」

首位NCダイノスはきのうまで3連敗。2位キウムヒーローズとゲーム差なく、この日NCが負けて、キウムが勝てば首位陥落の危機でした。

しかしNCは連敗をストップ。首位をキープし、キウムが敗れたためゲーム差は再び1となりました。NCは5月13日以来、首位の座を維持しています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

次のファームの試合は18日(金)にLGツインズ戦が予定されています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇9月16日(水)の結果

・トゥサン 3- 5 NC(チャムシル)

 勝:キム ヨンギュ

 敗:キム ミョンシン

・キウム 2- 8 ロッテ(コチョク)

 勝:キム ゴングク

 敗:キム サンス

・KT 11- 6 サムスン(スウォン)

 勝:キム ミンス

 敗:ウォン テイン

・ハンファ 5- 11 LG(テジョン)

 勝:ケリー

 敗:キム ジンウク

・KIA 6- 7 SK(クァンジュ)

 勝:シン ジェウン

 敗:チョン ヘヨン

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。