12日の韓国KBOリーグは全5試合が17時開始(チャムシルは雨天により50分遅れ)で行われました。

コチョクスカイドームのキウムヒーローズ-トゥサンベアーズは、キウムが防御率1位のエリック・ヨキッシュ投手、トゥサンが9勝負けなしのチェ・ウォンジュン投手が先発しました。

1回裏にキウムが2点を先制し2-0とリードすると、2回以降は両チーム得点なくゲームが進みました。

キウムの先発ヨキッシュ投手は、投球の約6割を占めるツーシームでストライクを先行させ、打者を追い込むと内野ゴロを打たせて打ち取っていきました。

ヨキッシュ投手は7回89球を投げて被安打3、無四球。6つの三振を奪い、トゥサン打線を0点に抑えました。

試合は初回の2点を守ったキウムが2-0で勝利。ヨキッシュ投手は11勝目(3敗)、防御率は2.16で1位をキープです。

5回2/3を投げて2失点だったトゥサンの先発チェ・ウォンジュン投手は、今季初黒星を喫しています。

◆「再び首位と2位のゲーム差が0.5に」

首位NCダイノス敗れて、2位のキウムが勝ったため、両チームのゲーム差は0.5になりました。ここまでNCは5月13日に首位に立って以来、幾度も0.5ゲーム差まで迫られていますが、1度も転落することなくその座を守り続けています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

ハンファイーグルスとの2軍戦は感染症防疫対策のため、中止でした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇9月12日(土)の結果

・LG 1- 5 サムスン(チャムシル)

 勝:ライブリー

 敗:イム チャンギュ

・キウム 2- 0 トゥサン(コチョク)

 勝:ヨキッシュ

 敗:チェ ウォンジュン

・SK 2- 1 ロッテ(インチョン)

 勝:イ ゴンウク

 敗:サンプソン

・KT 5- 2 ハンファ(スウォン)

 勝:ソ ヒョンジュン

 敗:キム イファン

・NC 3- 11 KIA(チャンウォン)

 勝:ギャニオン

 敗:シン ミンヒョク

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。