ブキャナン(元ヤクルト)スイスイ7回4安打1失点 9K奪い12勝目<韓国KBOリーグ>

12勝目を挙げた元ヤクルトのブキャナン(写真:サムスンライオンズ)

4日の韓国KBOリーグは2カードがダブルヘッダーで、計7試合が行われました。

テグサムスンライオンズパークのサムスンライオンズ-トゥサンベアーズは、元ヤクルトのデービッド・ブキャナン投手(サムスン)が20試合目の先発登板。

ブキャナン投手は1回表、先頭打者に四球を与え、2番にヒット。無死一、三塁となって、3番ホセ・フェルナンデス選手の犠牲フライで試合開始直後に1点を許しました。

しかし4、5番から連続三振を奪って1回を1失点で終えると、2回以降はテンポ良いピッチングに。ナックルカーブを効果的に使って打者のタイミングを外し、7回93球を投げて与えたヒットは4本。9つの三振を奪い、失点は初回の1点のみでした。

サムスン打線は3番ク・ジャウク選手が2本のホームランを含む4安打4打点を記録するなど、ブキャナン投手を援護し16安打12得点。サムスンが12-5でトゥサンに勝利しました。

ブキャナン投手は12勝目(6敗)。チームの唯一の2ケタ勝利を挙げる勝ち頭です。

(関連記事:元ヤクルトのブキャナンが2ケタ勝利目前 韓国で成功の背景とは

◆「KT、ダブルヘッダー連勝でトゥサンと並んで4位に」

5位KTウィズはSKワイバーンズとのダブルヘッダーに連勝。1.5ゲーム差で追う4位トゥサンが敗れたため、同率4位に並びました。KTは4連勝で貯金を10としています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

4日、SKワイバーンズとの2軍戦は感染症防疫のため、中止となりました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が6試合の結果です。

◇9月4日(金)の結果

・LG 5- 5 NC(チャムシル)

 勝:

 敗:

・KT 10- 2 SK(スウォン)

 ダブルヘッダー第1試合

 勝:デスパイネ

 敗:パク チョンフン

・KT 7- 5 SK(スウォン)

 ダブルヘッダー第2試合

 勝:キム ジェユン

 敗:ソ ジンヨン

・ハンファ 7- 1 キウム(テジョン)

 勝:キム ミンウ

 敗:ハン ヒョンヒ

・サムスン 12- 5 トゥサン(テグ)

 勝:ブキャナン

 敗:ユ ヒグァン

・ロッテ 3- 6 KIA(プサン)

 ダブルヘッダー第1試合

 勝:チャン ヒョンシク

 敗:キム ウォンジュン

・ロッテ 9- 7 KIA(プサン)

 ダブルヘッダー第2試合

 勝:ストレイリー

 敗:イム ギヨン

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。