今季で引退、2500安打目前の41歳ジェントルマン 逆転3ランで首位を撃破<韓国KBOリーグ>

決勝の逆転3ランを放った41歳のパク・ヨンテク(写真:LGツインズ)

3日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

3位LGツインズが、3ゲーム差で追う首位NCダイノスをチャムシル球場に迎えた2連戦の初戦は接戦に。

3-5でLGが2点を追う8回裏、LGは相手捕手の後逸による振り逃げと、ショートのフライ落球で2死一、三塁のチャンスを作ります。

この場面で7番パク・ヨンテク選手はカウント2-1からの4球目、高めの直球をライトスタンドに放り込む2号3ランホームラン。LGが6-5と逆転に成功しました。

LGは9回表の守りをクローザーのコ・ウソク投手が0点に抑えてゲームセット。相手のミスをきっかけにチャンスをつかんだLGが、劇的な一発で逆転勝利を収めました。LGは6連勝で首位NCとのゲーム差を2に縮めています。

この日は他球場でも接戦となり全5試合中、4試合が1点差ゲームでした。

◆「勝負を決める一発で大記録まで14本」

決勝3ランを放ったLGのパク・ヨンテク選手は、リーグ歴代トップの安打数を誇り、この日の一発が通算2486本目でした。韓国球界初の2500安打まであと14本に迫っています。

19年目のシーズンを迎えている41歳のパク・ヨンテク選手は、今季限りでの引退を表明。しかしここまで58試合に出場し、規定打席不足も3割5厘の高打率を記録しています。

LG生え抜きの人気者で、20代の頃は球界きってのイケメンとして「クールガイ」と呼ばれたパク・ヨンテク選手。現在は丸眼鏡と口ひげが特徴の球界一の紳士です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

3日、ハンファイーグルスとの2軍戦は感染症防疫のため、中止となりました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇9月3日(木)の結果

・LG 6- 5 NC(チャムシル)

 勝:チン ヘス

 敗:ムン ギョンチャン

・KT 6- 2 SK(スウォン)

 勝:ソ ヒョンジュン

 敗:ピント

・ハンファ 5- 6 キウム(テジョン)

 勝:キム テフン

 敗:チャド・ベル

・サムスン 11- 10 トゥサン(テグ)

 勝:オ スンファン

 敗:イ ヨンハ

・ロッテ 3- 4 KIA(プサン)

 勝:ギャニオン

 敗:ノ ギョンウン

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。