サムスンに途中加入の新助っ人 初アーチが決勝弾/ベンチの選手もマスク義務化に<韓国KBOリーグ>

マスクをしたナインが見守る中、決勝弾を放ったパルカ(写真:サムスンライオンズ)

25日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

テグサムスンライオンズパークのサムスンライオンズ-LGツインズは4-3でサムスンが勝利。サムスンは途中加入した新外国人打者の一発でゲームを決めました。

サムスンは3-3で迎えた6回裏、LGの先発ケイシー・ケリー投手に対し、この回の先頭打者、3番ダニエル・パルカ選手がカウント1-1からの3球目、甘く入ったカーブを右中間へ。打球はスタンドに飛び込む、勝ち越しソロアーチとなりました。

先月下旬、サムスンと契約を結んだパルカ選手は、この日が2試合目の出場。3回の初ヒットに続き、2本目のヒットがKBOリーグでの初アーチ、決勝弾となりました。

パルカ選手の活躍で勝利した、8位サムスンは連敗を3でストップ。敗れた4位のLGは3連敗です。

◆「警戒レベル引き上げで、ベンチ内の選手のマスク義務化へ」

新型コロナウイルスの感染拡大によりソーシャルディスタンスの強化の警戒レベルが、全国的に引き上がったことを受けて、KBOリーグでも防疫対策がさらに強化されることになりました。

既に無観客試合に戻っていますが、ベンチ内の選手にもマスクの着用が義務化され(ブルペンのバッテリーを除く)、自粛対象ながらこれまでは行われていた、ハイタッチやハグに対しても、厳しく制限されます。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

キウムの2軍、コヤンヒーローズ戦での出場はありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇8月25日(火)の結果

・トゥサン 10- 8 KIA(チャムシル)

 勝:ユン ミョンジュン

 敗:チョン ヘヨン

・KT 1- 4 キウム(スウォン)

 勝:ブリガム

 敗:デスパイネ

・サムスン 4- 3 LG(テグ)

 勝:イム ヒョンジュン

 敗:ケリー

・ロッテ 8- 10 SK(プサン)

 勝:キム ジョンビン

 敗:パク チンヒョン

・NC 11- 3 ハンファ(チャンウォン)

 勝:イム チャンミン

 敗:サーポルト

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。