ロハス30号一番乗りでシーズン50本ペース 外国人選手初なるか<韓国KBOリーグ>

メル・ロハス(写真:kt wiz)

23日の韓国KBOリーグは全5試合が17時開始で行われました。

スウォンKTウィズパークのKTウィズ-NCダイノスは、これまでNCに分の悪いKTが10-1で大勝し、対戦成績を4勝8敗1分けとしました。

KTは3本のアーチを放ち、6回裏には1死一、二塁で3番のメル・ロハス選手がNCの4番手パク・チンウ投手から、豪快な一発をセンターに運びました。

ロハス選手のホームランは今季30本目でリーグトップ。86試合目の一発で、144試合に換算すると50本ペースとなります。

過去にKBOリーグでシーズン50本塁打以上を記録した選手は3人。イ・スンヨプ元選手(サムスン)が1999、2003年に、03年にはシム・ジョンス元選手(ヒョンデ)も53本をマークしています。

もう一人は14、15年のパク・ピョンホ選手(当時ネクセン)で、今季ロハス選手が50本以上を記録すると外国人選手では初となります。

◆「雨天中止分は月曜日に順延」

きのう22日(土)に中止の2試合は24日(月)に編成されました。通常月曜日は球界にとって一週間の中で唯一の休日となりますが、例年より遅れて開幕した今季は、曜日に関係なく試合が行われます。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

2軍戦はありませんでした。次の試合は25日(火)にキウムの2軍、コヤンヒーローズと対戦します。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇8月23日(日)の結果

・LG 3- 4 ハンファ(チャムシル)

 勝:キム ミンウ

 敗:イム チャンギュ

・キウム 7- 8 KIA(コチョク)

 勝:チョン サンヒョン

 敗:チョ サンウ

・SK 1- 8 トゥサン(インチョン)

 勝:チェ ウォンジュン

 敗:パク チョンフン

・KT 10- 1 NC(スウォン)

 勝:ソ ヒョンジュン

 敗:チェ ソンヨン

・サムスン 0- 11 ロッテ(テグ)

 勝:ストレイリー

 敗:チェ チェフン

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。