8回裏に大逆転のキウム 監督手渡しのおもちゃのバズーカ砲で大興奮<韓国KBOリーグ>

監督から渡されたおもちゃの銃を放つホ・ジョンヒョプ(写真:キウムヒーローズ)

22日の韓国KBOリーグは2試合が雨で中止。3試合が行われました。

コチョクスカイドームのキウムヒーローズ-KIAタイガースは、KIAが初回に3点を挙げて以降、ゲームは動かず8回へ。

8回裏、キウムは1点を入れて1-3とし、さらに1死一、二塁のチャンスで6番ホ・ジョンヒョプ選手がレフトへ5号3ランホームラン。キウムが4-3と逆転に成功し、勝利を収めました。

キウムに流れが傾いたのは、8回裏1死での3番イ・ジョンフ選手の打席でした。

イ・ジョンフ選手の打球は右中間への深いフライ。これをKIAの中堅手キム・ホリョン選手がフェンスにぶつかりながら、一度グラブの中でボールが遊ぶもキャッチしました。

しかし判定はフェア。打球がフェンスにダイレクトにぶつかった後に、キム・ホリョン選手がボールをつかんだという審判の判定でした。

KIA野手陣はベンチにビデオ判定を促すも、KIAはこの時点で2度の機会を使っていたため、審判への要請はできず1死二塁に。

キウムは後続の打者が四球とヒットで1点を挙げ、そしてホ・ジョンヒョプ選手の逆転3ランへとつながりました。

勝った2位キウムは試合がなかった首位NCダイノスとのゲーム差を1に縮め、敗れたKIAは5連敗で、ロッテジャイアンツと入れ替わって7位に後退しました。

◆「一発の後は『おもちゃのバズーカ砲』」

各球団、ヒットを打った後のポーズに趣向を凝らしていますが、キウムはホームランを打ってベンチに戻ると、その打者にソン・ヒョク監督がおもちゃのバズーカを手渡し。打者はベンチの同僚に向けて、ピンポン玉よりひと回り大きい弾をポコーンと放つという、お決まりのやり取りがあります。写真は逆転弾を放ったホ・ジョンヒョプ選手です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

2軍戦はありませんでした。次の試合は25日(火)にキウムの2軍、コヤンヒーローズと対戦します。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が3試合の結果です。

◇8月22日(土)の結果

・LG 中 止 ハンファ(チャムシル)

 勝:

 敗:

・キウム 4- 3 KIA(コチョク)

 勝:アン ウジン

 敗:チャン ヒョンシク

・SK 1- 8 トゥサン(インチョン)

 勝:キム ミンギュ

 敗:ピント

・KT 中 止 NC(スウォン)

 勝:

 敗:

・サムスン 3- 5 ロッテ(テグ)

 勝:ソ ジュンウォン

 敗:ウォン テイン

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。