プロ初先発の高卒3年目 堂々たる投球見せ7回無四球2失点で初勝利<韓国KBOリーグ>

プロ初勝利を挙げたシン・ミンヒョク(写真:NCダイノス)

13日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

プサンサジク球場ではロッテジャイアンツとNCダイノスが対戦。NCは当初先発が予想されたチャン・ヒョンシク投手が、前夜KIAタイガースにトレードとなり、高卒3年目のシン・ミンヒョク投手がプロ3試合目の登板で、初の先発マウンドに上がりました。

シン・ミンヒョク投手は直球をはじめ、チェンジアップ、カーブと変化球のコントロールも良く、堂々たるマウンドさばきを見せました。7回を投げて被安打6、無四球ピッチングで6連勝中のロッテ打線を2点に抑えました。

試合はNCが1、2回と3点ずつを挙げて、序盤にシン・ミンヒョク投手を援護。9-2でNCが勝利し、シン・ミンヒョク投手はプロ初勝利を挙げました。ロッテの連勝は6で止まっています。

◆「KT、SKもトレードを発表」

きのうのNCとKIAに続き、KTとSKも1対1のトレードを発表しました。KTからSKへオ・テゴン内野手が、SKからKTにイ・ホング捕手が移籍します。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

クォン・ミンソク内野手と入れ替わって、6月26日以来の登録抹消となりました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇8月13日(木)の結果

・LG 4- 2 KIA(チャムシル)

 勝:ケリー

 敗:イ ミンウ

・キウム 6- 3 ハンファ(コチョク)

 勝:ブリガム

 敗:パク チュホン

・KT 6- 10 SK(スウォン)

 勝:パク ミンホ

 敗:ペ ジェソン

・サムスン 3- 2 トゥサン(テグ)

 勝:ライブリー

 敗:イ ヨンハ

・ロッテ 2- 9 NC(プサン)

 勝:シン ミンヒョク

 敗:サンプソン

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。