サムスンの2年目右腕、相性の悪い相手から初勝利 チームは連敗を3で止める<韓国KBOリーグ>

トゥサンに勝利し6勝目のウォン・テイン(写真:サムスンライオンズ)

4日の韓国KBOリーグは1試合が雨で中止。4試合がナイトゲームで行われました。

チャムシル球場のトゥサンベアーズ-サムスンライオンズは、1回表にサムスンがカン・ミンホ選手の11号3ランなどで4点を先制するも、トゥサンもその裏にオ・ジェイル選手の8号2ランを含む3点を挙げて追撃しました。

しかしその後は、サムスンの先発ウォン・テイン投手がトゥサン打線を2回以降0点に抑え、6回途中からつないだリリーフ陣も得点を与えませんでした。

試合は5、9回に1点ずつ追加したサムスンが6-3で逃げ切り勝利。連敗を3で止めています。

6勝目を挙げた先発のウォン・テイン投手は5回2/3を投げて被安打8、三振は1つで打たせて取る投球を見せました。

ウォン・テイン投手は今季トゥサン戦初登板。昨年8月22日、3回途中まで3本のホームランを喫し、10点を許して以来のトゥサン戦のマウンドでしたが、この日の勝利でトゥサン戦6度目の登板で初白星。これでプロ2年目ですべての球団(サムスン除く)から勝ち星を挙げたことになります。

◆「クァンジュも観客入場を開始」

KIAタイガース-LGツインズが行われたクァンジュKIAチャンピオンズフィールドも4日から観客の入場を開始。1,562人が観戦しました。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

この日、出場機会はありませんでした。試合は上記の通り、サムスンに敗れています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が4試合の結果です。

◇8月4日(火)の結果

・トゥサン 3- 6 サムスン(チャムシル)

 勝:ウォン テイン

 敗:イ スンジン

・キウム 2- 4 KT(コチョク)

 勝:デスパイネ

 敗:イ ヨンジュン

・SK 0- 8 ロッテ(インチョン)

 勝:ソ ジュンウォン

 敗:ピント

・ハンファ 中 止 NC(テジョン)

 勝:

 敗:

・KIA 5- 15 LG(クァンジュ)

 勝:ウィルソン

 敗:イ ミンウ

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。