4番に座るイ・ジョンフが延長戦でオ・スンファン撃ち 自身11度目の決勝打<韓国KBOリーグ>

イ・ジョンフ(写真:キウムヒーローズ)

2日の韓国KBOリーグは首都圏の2試合が雨で中止。3試合がナイトゲームで行われました。

テグサムスンライオンズパークのサムスンライオンズ-キウムヒーローズは、2-2で延長戦に突入。

10回表、キウムは2死一、二塁で4番のイ・ジョンフ選手がサムスンの抑え、オ・スンファン投手との初対戦を迎えました。

イ・ジョンフ選手はカウント2-2からの6球目、真ん中高めの145キロの直球をしっかりと引きつけてすくい上げ、打球は高く上がり右中間のフェンス際まで。これが二塁打となって二者が生還しました。

イ・ジョンフ選手のこの日3本目の安打で、4-2と勝ち越しに成功したキウムは、10回裏を0点に抑えて連勝を6に伸ばしています。敗れたサムスンのオ・スンファン投手は2敗目です。

イ・ジョンフ選手はチェ・ヒョンウ選手(KIA)と並んでリーグトップタイとなる今季11度目の決勝打。

7月25日のロッテジャイアンツ戦から7試合続けて4番に座るイ・ジョンフ選手は、この7試合での打率が3割9分3厘。サムスンとの3連戦では9打点を挙げています。

◆「首位NCと3位トゥサンは二夜連続の延長戦」

トゥサンベアーズは延長12回表、3点を挙げて7-4で勝利。二夜続けて延長戦を制しました。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

7回裏、8番キム・インテ選手に代わってレフトの守備に入りました。4-4で迎えた9回表、2死二塁で打順が回り、カウント2-0からの3球目を打ってセンターフライでした。

11回表、2死一、二塁でのこの日の2打席目はセカンドゴロで、一塁走者が二塁封殺となっています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が3試合の結果です。この日中止の2試合は、あす3日に行われます。

◇8月2日(日)の結果

・LG 中 止 ハンファ(チャムシル)

 勝:

 敗:

・KT 中 止 SK(スウォン)

 勝:

 敗:

・サムソン 2- 4 キウム(テグ)

 勝:チョ サンウ

 敗:オ スンファン

・ロッテ 8- 0 KIA(プサン)

 勝:ノギョンウン

 敗:ギャニオン

・NC 4- 7 トゥサン(チャンウォン)

 勝:キム ガンリュル

 敗:カン ドンヨン

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。