8回以降に両チームで計14得点 激戦を制したトゥサンが連敗を4で止める<韓国KBOリーグ>

チョン・スビン(写真:トゥサンベアーズ)

8月1日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

チャンウォンNCパークのNCダイノス-トゥサンベアーズはゲーム終盤、激戦となりました。

4-4の同点で迎えた8回表、トゥサンが4点を挙げて勝ち越しに成功するも、NCも8、9回と2点ずつを挙げ、再び8-8の同点としました。

追いつかれたトゥサンは延長10回表、四球でノーアウトのランナーを出すと、8番チョン・スビン選手が初球に三塁前のバントヒットを決めて無死一、二塁に。次打者も初球に送りバントを決めて1死二、三塁として、打順は1番に戻りました。

この場面で1番のパク・コンウ選手も初球をきっちりとライトに打ち上げ、これが犠牲フライとなって三塁走者が生還。トゥサンは9-8と再度勝ち越します。

トゥサンはその後、4連打で3点を追加。12-8として勝利をぐっと引き寄せました。しかし首位のNCも粘りを見せます。

1死から3連打で1点を挙げると、四球で満塁として打席には8回に2ラン、9回の前の打席で二塁打を放っている6番ノ・ジンヒョク選手。ここでノ・ジンヒョク選手は四球を選び押し出しに。NCは2点差に迫りました。

1死満塁、一打逆転サヨナラの場面で代打のキム・ヒョンジュン選手が放った打球はショートへの痛烈なライナー。これをキム・ジェホ選手がジャンプ一番キャッチし二塁へ送球。スタートを切っていた二塁走者は戻れず、ダブルプレーでゲームセットとなりました。

8回以降、トゥサンが8点、NCが6点を挙げた大乱戦はトゥサンが12-10で勝利し、連敗を4で止めています。

◆「連勝と連敗、明暗が分かれる」

キウムヒーローズとKTウィズはそれぞれ2ケタ得点で勝利して5連勝。KTに11-0で完敗のSKワイバーンズは5連敗です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

8-6で2点リードの9回裏、4番キム・ジェファン選手に代わってレフトの守備に。この回同点となって10回表に打順が回り、2死一塁でライト前ヒットを放っています。試合は上記の通り、NCに勝利しています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇8月1日(土)の結果

・LG 9- 6 ハンファ(チャムシル)

 勝:イ ジョンヨン

 敗:サーポルト

・KT 11- 0 SK(スウォン)

 勝:ソ ヒョンジュン

 敗:イ ゴンウク

・サムスン 7- 22 キウム(テグ)

 勝:ヤン ヒョン

 敗:ブキャナン

・ロッテ 7- 3 KIA(プサン)

 勝:パク セウン

 敗:イム ギヨン

・NC 10- 12 トゥサン(チャンウォン)

 勝:イ ヒョンボム

 敗:ウォン ジョンヒョン

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。