中4日が基本の助っ人右腕が前半戦で100イニング超え 8勝目を挙げる<韓国KBOリーグ>

オドリサメル・デスパイネ(写真:kt wiz)

30日の韓国KBOリーグは1試合が雨天中止。4試合が行われました。

クァンジュKIAチャンピオンズフィールドのKIAタイガース-KTウィズは、KTが初回に打率、打点、本塁打の各部門でリーグトップに立つ、3番メル・ロハス選手のタイムリー二塁打などで2点を先制。KTはその後、5、9回と1点ずつ追加しました。

投げては先発のオドリサメル・デスパイネ投手が7回1失点と好投し、KTは4-1で逃げ切り勝利しています。

デスパイネ投手は150キロ台の直球とツーシームに、カーブ、チェンジアップと緩急を織り交ぜたピッチング。本来のゴロを打たせる投球に加えて、1試合自己最多タイの8つの三振を奪いました。

概ね中4日で先発のデスパイネ投手は、この日が17試合目の登板。8勝目(5敗)を挙げて、シーズンの折り返し地点を迎えたリーグでただ一人、投球回数が100イニングを超えています。KT投手陣を引っ張るデスパイネ投手の活躍でKTは連勝を3に伸ばしました。

◆「チ・ソンジュン(ロッテ)、72試合出場停止」

未成年の女性と連絡を取り合い、トラブルが生じていたロッテジャイアンツのチ・ソンジュン捕手に対して、韓国野球委員会(KBO)はシーズンの半分にあたる72試合の出場停止処分を下しました。

またSKワイバーンズのファームで発覚した複数の案件、後輩選手に対する暴行、飲酒運転、無免許運転に関わった、計6選手にもそれぞれ処分が言い渡されています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

この日、出場機会はありませんでした。試合はキウムヒーローズに5-8で敗れています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が4試合の結果です。

◇7月30日(木)の結果

・トゥサン 5- 8 キウム(チャムシル)

 勝:チェ ウォンテ

 敗:ユ ヒグァン

・SK 1- 9 LG(インチョン)

 勝:イム チャンギュ

 敗:パク チョンフン

・サムスン 2- 1 ハンファ(テグ)

 勝:キム ユンス

 敗:ユン ホソル

・KIA 1- 4 KT(クァンジュ)

 勝:デスパイネ

 敗:ヤン ヒョンジョン

・ロッテ 中 止 NC(プサン)

 勝:

 敗:

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。