接戦になった下位同士の対戦 月曜特例で延長戦なく9回引き分け<韓国KBOリーグ>

ライトへ追撃のタイムリー二塁打を放ったチェ・ジェフン(写真:ハンファイーグルス)

27日の韓国KBOリーグは25日の雨天中止分の1試合が行われました。

最下位(10位)のハンファイーグルスと9位SKワイバーンズの対戦は接戦に。

SKは2-3で1点を追う7回表、1番キム・ガンミン選手の代打、オ・ジュンヒョク選手が左中間に2点タイムリー二塁打を放って逆転に成功。さらに1点を追加して、5-3としました。

しかしハンファもその裏、2死ランナーなしから7番オ・ソンジン選手がヒットで出塁の後、チェ・ジェフン、チョン・ウンウォン両選手の連続タイムリー二塁打で5-5の同点とします。

その後、8、9回と両チーム得点なく、この試合は雨天順延による月曜ゲームの特例で延長戦は行わないため、5-5の引き分けとなりました。

ハンファ、SKともに今季初めての引き分けで、現在ハンファは8連敗、SKは4連勝のままです。

◆「ハンファ、このままだと100敗ペース」

今季ここまで各チームがシーズンの約半分を消化する中で、勝率が5割以下なのは10チーム中、3チーム。8位のロッテジャイアンツは借金2で勝率5割目前ですが、SKは24勝44敗、ハンファは17勝52敗とこの2チームでリーグの大半の借金を背負っています。

144試合制の今季、ハンファはこのままのペースだとリーグ初の年間100敗の可能性もあります。KBOリーグのチーム最多敗戦数は1999年のサンバンウルレイダース、2002年のロッテの97敗。99年は132試合、02年は133試合制でした。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

この日は試合がありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が1試合の結果です。

◇7月27日(月)の結果

・ハンファ 5- 5 SK(テジョン)

 勝:

 敗:

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。