勝ち運なかった釜山ロッテの助っ投が7月4連勝 7回無失点で防御率1点台に<韓国KBOリーグ>

ダン・ストレイリー(写真:ロッテジャイアンツ)

25日の韓国KBOリーグは1試合が雨で中止となり、4試合が行われました。

コチョクスカイドームのキウムヒーローズ-ロッテジャイアンツはロッテが6-3で勝利。ロッテの先発ダン・ストレイリー投手がキウム打線を7回無失点に抑えました。

ストレイリー投手は被安打2、四死球3。投じた102球のおよそ半分を直球とスライダーが占め、左打者の外角高めへの空振りを誘う140キロ台後半のストレートと、ストライクゾーンからボールになる落ちるスライダーを武器に8つの三振を奪いました。

KBOリーグ1年目のストレイリー投手は開幕以後、好投してもなかなか白星がつかない試合が続きましたが、7月は5度の登板で負けなしの4連勝。今季15試合目で5勝目(2敗)を挙げました。

ストレイリー投手はこの日の投球で防御率が1点台となってリーグ2位の1.88。奪った三振も97個でク・チャンモ投手(NC)を抜いて、1位に躍り出ました。敗れたキウムは4連敗でKIAタイガースと入れ替わって、3位とゲーム差なしの4位に順位を下げています。

◆「あすから有観客。テジョンは27日から」

開幕から82日、ようやくあす26日から2球場を除き、観客を入れて試合が行われます。入場可能な人数は球場の収容人員の10%以内です。

なおハンファイーグルスの本拠地・テジョンは25日の試合が雨天順延となって行われる、27日から有観客試合となります。

(関連記事:一部地域を除き26日から有観客開始 スタンドでの飲食は不可

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

8回裏、二塁打を放った4番キム・ジェファン選手の代走で出場。次打者のヒットで6点目のホームを踏みました。9回表からレフトの守備に入り、試合は7-3でLGツインズに勝利しています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が4試合の結果です。

◇7月25日(土)の結果

・トゥサン 7- 3 LG(チャムシル)

 勝:チェ ウォンジュン

 敗:ケリー

・キウム 3- 6 ロッテ(コチョク)

 勝:ストレイリー

 敗:ハン ヒョンヒ

・KT 6- 2 NC(スウォン)

 勝:デスパイネ

 敗:ライト

・ハンファ 中 止 SK(テジョン)

 勝:

 敗:

・KIA 8- 2 サムスン(クァンジュ)

 勝:パク チュンピョ

 敗:ウ ギュミン

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。